インフォメーション・ブログ

トレーニング種目

 

本日は、肩のトレーニング種目のひとつ「アップライトロウ」をご紹介します。

 

男性は、肩周り肩幅があった方がカッコいい身体に見える、、、

女性も、肩周りをトレーニングしている人は腕のラインがはっきりして見える、、、
そして、ウエストも強調されやすい?!

 

そう!肩周りのトレーニングはとてもボディメイクをしていく中でとても重要な部位なのです!!!

 

肩周りの代表的なトレーニング種目といえば、
ショルダープレス、サイドレイズ、リアレイズなどがあります。

今回ご紹介するのは、アップライトロウという種目です!!

 

しかし、フィットネスジムや周りで見かけることがあまりないかと、、、

理由は、やり方が難しい、良くわからない、見たことも聞いたこともない。からだと思われます。

 

 

「アップライトロウ」の画像検索結果

 

ショルダープレスやサイドレイズよりも認知度が低いという理由もあるとは思いますが、

肩の種目で刺激を変えたい時などにも、とてもおすすめな種目の一つです。

 

 

 

〜アップライトロウのフォーム確認&ポイント〜


 

・足幅は肩幅くらいに開きます

・バーベル(もしくはダンベル)を握り肘が先導するようにしてバーベルを自分の顎のラインまで引き上げます

・肩に負荷がしっかり乗っている状態のまま、ゆっくりと下げていきます。

・この流れを繰り返し行います

 

「アップライトロウ」の画像検索結果

 

*バーベルやダンベルの持つ幅によって効く筋肉の箇所が異なります

 

鍛えることが出来る筋肉→三角筋(前部、中部、後部)、僧帽筋、上腕二頭筋

 

〜注意ポイント〜

三角筋を狙ってトレーニングをしていても、僧帽筋の上部に効いてしまうことがあるので注意です。

普段の生活から、肩を内側にすくめる癖がある人やなで肩の人は注意して行いましょう。

 

初めは、持ち幅も肩幅で握るのをおすすめします!

手首が痛い人や固い方は、EZバーで行って見ましょう。

「絵zバー」の画像検索結果

(EXバー)

 

 

そして!

 

肩のトレーニングにはまだメリットが!!!

 

肩こりや首回り張りの改善効果が期待できる!!

 

肩こりでお悩みな方は少なくはないと思います。

肩こりの大きな原因の一つは、血流循環にあります。

パソコンやスマートフォン、座っている時間が長い、同じ姿勢が長いなどの方に多く共通してみられます。

そのような方にも、実はトレーニングはオススメ!

 

 

〜肩周りのトレーニングを行う際に意識するポイント!〜

・ウエイト(重さ)は軽めで行う

→重すぎてしまうと余計な力が入ってしまい力んでしまう

 

・可動域をしっかりとる

→動かす可動域は大きい方が筋肉もしっかり動いてくれるので血流の流れが良くなります

 

・ストレッチをしっかりする

→トレーニング中でもストレッチ種目は大切なものですが、トレーニング終了時にもストレッチを行うように意識しましょう!

 

「三角筋ストレッチ」の画像検索結果

 

肩周りの筋肉を動かすことは、とても大切なことです。

ですが、なかなかコントロールすることは簡単な事ではありません。

 

是非一度、パーソナルジムASPIにおこしください( ◠‿◠ )

カテゴリー: 1ヵ月で8人合計100㌔ダイエット, インフォメーション, くびれ, トレーニング, トレーニングの原理原則, パーソナルトレーナー募集, ボディメイクとは, 未分類   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

まずは体験とダイエットカウンセリングを受けてみよう!

コース内容や料金、その他どんな細かい内容でも構いません。
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL: 050-1746-8690(受付時間:9:00~18:00)

  • シェイプアップストレッチコース
  • パーソナルストレッチコース
  • 加圧筋力トレーニング
  • 横浜店のご予約はこちら
  • 新宿店のご予約はこちら
  • 恵比寿店のご予約はこちら
  • 友だち追加数