インフォメーション・ブログ

みなさん果物は食べてますか!?

こんにちは!!

aspirestの長妻です!!

早速ですが、

食生活を意識する上で野菜は大事!!

そう思っている方は多くいるかと思います!!

もちろん野菜はヘルシーであり、不足しがちな食物繊維やビタミン、ミネラルが摂取できますから私たちに必要不可欠ですね!!

実はそれと同じくらい

果物も健康的な食事には欠かせないのです!!

 

 

しかし、果物は太りそうなイメージもあるためか、野菜は意識して食べても果物はあまり食べない、という人が多く感じます。。。

本日はその疑問を解消すべく

美味しく、栄養価も高い果物についてお話いたします!!

 

どのくらい果物食べてますか!?

 

厚生労働省、農林水産省のデータによると健康のためには1日に野菜は350g、果物は200g摂取する必要があります。

野菜は「不足している」と良く言われますが、充足率からみると、実は、果物のほうがい下回っています。

特に、40代までの若い世代では圧倒的に不足しています。

量としては200gはみかんなら2個、りんごなら1個程度でありますがそれすらも摂れていない人が多いのです。

 

 

果物を食べるメリットとは!?

 

果物にはビタミン、ミネラル、食物繊維、フィトケミカルが含まれています。これらは体の調子を整えたり、疾病予防に役立ちます!!

果物=ビタミンCというイメージがありますが、それ以外にも種類によって、カロテン、ビタミンB群、ビタミンE、カリウム、カルシウム、鉄などを含むため、野菜と同様の役割が期待できます!!

フィトケミカルとは野菜や果物の色素や辛み、香りの成分です。

強い抗酸化作用を持ち、体内で発生した活性酸素を取り除く働きがあります。

さらに、免疫力を高め、病気を予防する働きもあります。

 

(以下は、主なフィトケミカルの色による分類と効果・効能)

果物にも野菜にも、ビタミンC、E、A(植物にはカロテノイドとして含まれる)などの抗酸化成分が含まれますが、

果物は野菜よりもカラフルなものが多いため、さまざまな抗酸化成分をより取り入れやすい点もオススメです!!

 

果物は太るの!?

果物は糖質が高いイメージもあり、「太るのでは?」と心配している人も多いと思います。

果物に含まれる果糖、ブドウ糖、ショ糖などは、糖の結合数が少ないため、デンプンなどに比べると体内に吸収されやすいです。

これが「果物を食べると太る」と言われる理由の一つですが、

健康な人は果物を1日200g程度とっても問題ありません。

 

 

バナナは糖質が高くエネルギー源として優れています!運動前には吸収スピードも早くオススメです!

肥満が気になる人は、バナナよりもみかんやキウイフルーツなど、ほかの果物を選ぶとより糖質を抑えることが出来ます!!

 

果物は健康や美容に役立ち、生活習慣病も予防してくれる強い味方です☆

ぜひ、栄養価も高く美味しい果物を摂り入れて楽しい食生活にしましょう♪

__________________________________________________________________

パーソナルジム ASPIREST

TEL:050-1746-8690

mail:info@aspirest.com

 

カテゴリー: インフォメーション, 未分類   タグ:   この投稿のパーマリンク

まずは体験とダイエットカウンセリングを受けてみよう!

コース内容や料金、その他どんな細かい内容でも構いません。
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL: 050-1746-8690(受付時間:9:00~18:00)

  • シェイプアップストレッチコース
  • パーソナルストレッチコース
  • 加圧筋力トレーニング
  • 横浜西口店のご予約はこちら
  • 横浜東口店のご予約はこちら
  • 新宿南口店のご予約はこちら
  • 新宿東口店のご予約はこちら
  • 恵比寿店のご予約はこちら
  • Instagram
  • 友だち追加数