インフォメーション・ブログ

グルタミンについて

こんにちは!

パーソナルジムASPIです!

みなさん、サプリメントで体に効果的な栄養素を摂取できていますか?

そんなサプリメントから

今回はグルタミンをご紹介します!

「サプリメント イラスト」の画像検索結果

グルタミンは体内にもっとも豊富にあるアミノ酸です!

そして、グルタミンはコンディショニングの強い味方です。
トレーニングをしている人は目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
たくさんの働きがあり、アスリートはもちろん、運動習慣がない方でもその効果を存分に感じることが出来ます。

グルタミンは、よくグルタミン酸と間違えられますが、分子構造は似ているものの、効果的にも全く別のアミノ酸になります。

体には非常に多くのグルタミンが必要であるため、普段は筋肉や血液中に大量にストックしています。体内でも合成されるので非必須アミノ酸に分類されていますが、風邪を引いた時、疲れが溜まっている時、運動をした時など、体にストレスがかかっている時は大量に消費されるため、食品からも積極的に摂取して欲しいアミノ酸です!

グルタミンの効果


「健康 筋肉」の画像検索結果

グルタミンには、筋肉の分解抑制、消化管機能の補助、免疫力向上、傷の修復などに効果があります!!

運動をした時、風邪を引いた時、ケガをした時など、体にストレスがかかった時はグルタミンが大量に消費されます。消費されたグルタミンが適切に補給されないと、体にストックしていたグルタミンが足りなくなり、筋肉を分解してグルタミンを供給するようになります。これが激しいトレーニング時や、体調が悪くて寝たきりの状態の時に筋肉が失われる理由です。つまり必要なグルタミンがしっかり補給されていれば、筋肉の分解は抑制されます

また、グルタミンには腸管の最も重要なエネルギー源であることも明らかになっています。腸管には絨(じゅう)毛(もう)という突起があり、食事から摂った栄養素はここから吸収され、肝臓を通して全身へと送り込まれます。また細菌やウイルスの侵入を防ぐ働きもあります。常に腸を健康な状態にしておくことを、サポートをしてくれるのがグルタミンです!

 

グルタミンを多く含む食材


グルタミンを多く含む食品には大豆や小麦粉、肉や魚、卵やチーズなどに含まれていますが、食品から摂取する場合は注意が必要です。

表組み

いろいろな食品に多く含まれるグルタミンですが、熱や酸に弱い性質のため、加熱して調理したり、発酵させたりすると壊れてしまうことがわかっています。
そのためグルタミンを食事から摂る場合、生で食べられる食品からは効率よく摂取できますが、日常の食事だけで摂取したい量を摂るのは至難の業です。そのため、アスリートはもちろんですが、日頃からスポーツを習慣にしている方は、通常の食事で賄えない分を、サプリメントで補うのが効率的だと考えられています。

また、経口摂取では1日40gまでは問題ないとの報告があります。ただしアミノ酸もプロテインと同様、必要以上に摂取することは、肝臓や腎臓へ負担をかけることになります。

 

まとめ


筋肉の分解、消化管機能の改善、コンディショニングなどには欠かせないアミノ酸です。トレーニングを常にベストコンディションで行う方はもちろん、仕事が忙しく毎日クタクタの方など、幅広いニーズに答えられるアミノ酸です。活気のある毎日を送るために、是非グルタミンを取り入れてはいかがでしょうか?

カテゴリー: ダイエット, タンパク質について, プロテイン, 未分類, 食事理論等   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

まずは体験とダイエットカウンセリングを受けてみよう!

コース内容や料金、その他どんな細かい内容でも構いません。
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL: 050-1746-8690(受付時間:9:00~18:00)

  • シェイプアップストレッチコース
  • パーソナルストレッチコース
  • 加圧筋力トレーニング
  • 横浜西口店のご予約はこちら
  • 横浜東口店のご予約はこちら
  • 池袋店のご予約はこちら
  • 代々木店のご予約はこちら
  • 新宿東口店のご予約はこちら
  • 新宿南口店のご予約はこちら
  • 恵比寿店のご予約はこちら
  • Instagram
  • 友だち追加数