インフォメーション・ブログ

体を大きくするのに必要なこと

こんにちは!

暖冬とはいえ、毎日厳しい寒さが続いていますね。

さて、今回は体を大きくしたい方必見の内容になります!

フィットネス用語ででいう「バルクアップ」です!

バルクアップと言っても単に体重を増やすことではなく、筋肉を発達させて体を大きくしていくことになります。

理想的なバルクアップするためには、バルクアップのための正しい「運動・栄養・休養」を行うことが重要です!

その中でも意外と知らない「栄養」についてです!!

 

摂取カロリー>消費カロリーにする


「バルクアップ」の画像検索結果

『筋トレ2割:食事8割』と言われるくらい、筋肉を付ける上で、食事はとても重要です。

「筋肉にはタンパク質!」とまず考えるかもしれませんが、たんぱく質だけを摂っていても体は大きくなりません。

体を大きくしたい場合、【摂取カロリー>消費カロリー】の状態にすることが必須!
ダイエットとは真逆なのです。摂取カロリーを上回った上で、たんぱく質を摂らないと意味がありません。

摂取カロリーを多くする理由は、カロリーが下回ると体がエネルギー不足の状態になり、体の中の筋肉を分解して、エネルギーを生み出そうとします。

カロリー不足になると、いくら筋トレをしても筋肉が分解されるため、筋肉を増やすことが難しくなります。

 

三大栄養素


「バルクアップ 食材」の画像検索結果

バルクアップの時には、この三大栄養素のバランスを

高たんぱく質・高糖質・中脂質にしていきます。

この3つの栄養素のバランスには、様々な意見がありますし、効果には個人差があります。様々な意見がありますが、まず共通している点は「高たんぱく質」です。この点だけは効果的なバルクアップをするためには欠かせない要素です。高たんぱく質とは具体的にどのくらいかというと、1日辺り体重の2倍のg以上は取るようにした方がいいです。

また、糖質と脂質のバランスですが、脂質をたくさん摂っても良いのでたくさん食べろ!という意見もありますし、脂質は少なくして糖質をたくさん食べろ!という意見もあります。

遺伝によって、糖質をたくさん摂った方がバルクアップしやすい方と、脂質を多く摂ってもあまり問題ない方もいらっしゃいます。こればかりはやってみないとわからない所でもありますね!

脂質に関しては、ホルモンの材料になったり細胞壁の材料になるので、少なすぎるのは良くありません。

一番大事なのは、カロリー収支をプラスにすること。そのために糖質と脂質を多く摂ること。次に1日辺り体重の2〜3倍gのたんぱく質を摂ることです!

筋肉量を増やし体を大きくするためには、普段のトレーニングだけではなく、食事メニューも気をつけていきましょう。

ご自身に合った方法で、自分史上最高の体を目指していきましょう!!

カテゴリー: タンパク質について, トレーニング, プロテイン, ボディメイクとは, 未分類   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

まずは体験とダイエットカウンセリングを受けてみよう!

コース内容や料金、その他どんな細かい内容でも構いません。
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL: 050-1746-8690(受付時間:9:00~18:00)

  • シェイプアップストレッチコース
  • パーソナルストレッチコース
  • 加圧筋力トレーニング
  • 横浜西口店のご予約はこちら
  • 横浜東口店のご予約はこちら
  • 池袋店のご予約はこちら
  • 代々木店のご予約はこちら
  • 新宿東口店のご予約はこちら
  • 新宿南口店のご予約はこちら
  • 恵比寿店のご予約はこちら
  • Instagram
  • 友だち追加数