インフォメーション・ブログ

運動するならBCAA!

こんにちは!

パーソナルジムASPIの齋藤です!

今回は運動する方はぜひ摂取して欲しいBCAAです!

Scivation エクステンド, BCAA, ストロベリーマンゴー, 41.2オンス (1170 g)

BCAAとは?

BCAA(Branched Chain Amino Acid 分岐鎖アミノ酸)とは、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸総称です。この3つのアミノ酸はヒトが体内で作ることが出来ない必須アミノ酸と呼ばれています。

必須アミノ酸BCAAは運動時に筋肉のエネルギー源となってコンディションをサポートしてくれる大切な栄養素です。

ランニングのような持久運動を行うとカラダは糖質や脂肪、血液中のBCAAをエネルギー源としますが、
それがなくなると自らの筋肉の材料となっているBCAAをエネルギー源として利用するために、 筋肉の分解を始めてしまいます。

この状態が続くと筋肉は損傷し、
筋力の低下を招いてしまうのでコンディションに影響が出てきてしまいます。

自らの筋肉のBCAAエネルギー源として使われないようにするためには、
ランニング時に血液中のBCAAが不足しないようにしなければなりません。

その方法はいたって簡単!運動する前にしっかりと必須アミノ酸BCAAを摂取しておけばいいのです。

 

BCAAの効果とは?

1、筋力アップ!持久力アップ!

「筋トレ」の画像検索結果

運動によって筋組織が破壊されますが、その壊れた筋組織に適切な栄養を与え再生させることで筋肉はより強化しやすくなります。このしくみを「超回復」と言います。

運動前後、または運動中にBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)といった筋肉作りに深い関係のあるアミノ酸を摂取することで、運動中に壊れた筋組織の修復をサポートして、筋肉をつけやすくすることが期待されています。

そして、

BCAAのような必須アミノ酸は体内で作られない成分のため、特に外からの補給が必要不可欠です。あらかじめ摂取しておくことで、運動中に壊れた筋組織の再生や筋肉の増進が期待できます。

また、運動をしながら消費した分のアミノ酸を補給できるため疲れにくくなり、結果として持久力の増進につながります。

 

2、疲労回復

「ランニング疲れた」の画像検索結果

激しい運動をすればするほど、筋肉は破壊され多くのアミノ酸が消費されます。運動時のエネルギー消費により、糖や脂肪だけでなくタンパク質も分解されます。

それゆえ、消費されてしまったアミノ酸を外から補うことは、筋疲労を最小限に抑え、筋肉の修復を促すことにつながります。

例えば、疲労回復に必要なアミノ酸であるグルタミンは激しい運動で消費されやすい成分です。適宜補うことが早く回復させることにつながります。

アミノ酸と聞くとアスリートのようにストイックにトレーニングをしている人が摂取しているイメージが強いかもしれません。

しかし、日常生活でこの頃疲れが抜けにくくなったと感じられる方、久しぶりに体を動かしてみたいけれど疲れが残るのが怖いという方へもおすすめです!

 

アミノ酸の摂取方法とは?

「アミノ酸 摂取」の画像検索結果

そもそもどうやって摂取すればいいのか?と思いますよね!

運動前後など素早く吸収させたいときはサプリメントから摂取し、日常ではタンパク質を多く含む食品から意識してとるようにしましょう!
中でも、「アミノ酸スコア」が高い食材に注目してみましょう。
アミノ酸スコアとは食品中に含まれるたんぱく質中の必須アミノ酸(※)の含有率を示したものです。
数値が高いほど良質とされ、最高値は100となります。
アミノ酸スコアが低い食材であってもアミノ酸スコア100の食材と組み合わせることで、不足しているアミノ酸を補うことができ、タンパク質の体内利用効率が高まります。

 

 

同じスコアならアミノ酸の種類や量は同じ?

同じスコアの数値でも食材によって含まれるアミノ酸の種類・量はそれぞれ異なります。
様々な食材を取り入れることで効率よく身体に必要なアミノ酸を補給することができます。

以下はすべてアミノ酸スコア100の食材ですが、含まれているアミノ酸の量が異なっています。

 

より効果を感じるための摂取タイミングとは?

1,トレーニング開始30分前・長時間ならこまめに

運動の30分前に摂ると運動中に吸収されて、疲労を軽減してエネルギーを持続的に使う効果が期待できます。運動中は体内のアミノ酸がどんどん使われてしまいます。エネルギーを使い切る前に補っておくことでアミノ酸の効果をより感じられるでしょう!

また長時間のトレーニングの際には、運動中にもこまめにアミノ酸を補給しましょう。

1時間に1回程度の補給をおすすめします。疲労物質が発生しにくくなるため長時間体を動かしやすくなります。

 

2,トレーニング直後

「トレーニング」の画像検索結果

効果的な回復のために、トレーニング直後にアミノ酸を摂りましょう。終了後約30分が経過するまでは回復のゴールデンタイムです。アミノ酸が運動で壊れた筋肉の修復材料となり、筋組織が強化されて肉体の「超回復」が期待できます。

運動の目的は体力向上や筋力アップ、ダイエットと人それぞれですが、アミノ酸はどの目的に対しても有効とされています。運動をする際はぜひ意識的にアミノ酸を摂取してみましょう!

 

3,日常でも!

スポーツ以外の場合には、起床・就寝時がおすすめです。
寝ている間も体はエネルギーを使っているため、起床時は空腹状態=エネルギー欠乏状態のようなものです。枯渇しているエネルギーを即座に補い、頭と体を目覚めさせましょう。

なかなか寝付けないとお悩みの方は、安眠効果が期待されているアミノ酸の摂取がおすすめです。

アミノ酸の血中濃度が高まる時間は2時間程度とされているので、就寝の1時間~30分前に摂るとよいでしょう。疲労回復の効果も期待できますので、翌朝すっきりと目覚められるはずです!

 

まとめ

BCAAにさまざまな効果があると知らなかった人は少なくないでしょう!
スポーツをする人はもちろん、疲れ知らずの体がほしい方、ぐっすり眠りたい方、そして今まで以上に健康的に生き生きと過ごしたい方は、生活のなかにアミノ酸を気軽に取り入れてみてください。
アミノ酸は健康でありたいと願う全ての人にとって嬉しい効果がたくさんあります。目的に応じて上手に摂取し、健康な心身を維持していきましょう!

カテゴリー: BCAA, インフォメーション, ダイエット, タンパク質について, トレーニング, プロテイン, 未分類   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

まずは体験とダイエットカウンセリングを受けてみよう!

コース内容や料金、その他どんな細かい内容でも構いません。
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL: 050-1746-8690(受付時間:9:00~18:00)

  • シェイプアップストレッチコース
  • パーソナルストレッチコース
  • 加圧筋力トレーニング
  • 横浜西口店のご予約はこちら
  • 横浜東口店のご予約はこちら
  • 池袋店のご予約はこちら
  • 代々木店のご予約はこちら
  • 新宿東口店のご予約はこちら
  • 新宿南口店のご予約はこちら
  • 恵比寿店のご予約はこちら
  • Instagram
  • 友だち追加数