インフォメーション・ブログ

サルコペニア肥満について

こんにちは!

ASPIREST横浜店の小野瀬です!

本日は、サルコペニア肥満についてご紹介します。

 

サルコペニアとは?!


ギリシャ語でsarx (sarco:サルコ)→筋肉penia(ぺニア)→減少

加齢や運動不足、疾患などにより筋肉量の低下が起こり、握力、下肢筋・体幹筋、低栄養など全身の筋力低下が起こってしまうことです。

 

また、ロコモティブシンドローム(要介護になったり、要介護になる危険の高い状態がロコモティブシンドローム)のなかでも、特に筋肉の減少を「サルコペニア」といいます。

人の身体は30歳〜40歳を境にして、筋肉量の減少が徐々に始まります。

さらに高齢になっていくにつれてそのスピードは加速していきます。

 

そして!!

 

我々はタンパク質(アミノ酸)摂取と運動(トレーニングなど)によって、筋肉の合成と分解を繰り返しながら筋肉量を維持しています。

ですが、筋肉量の減少はこの合成と分解のバランスが崩れることが原因と考えられています。

 

 

 

どんなタイプの人がサルコペニアになりやすいの?


原因は、人それぞれあります。

特に、

・幼少期における発育、発達の影響
・たんぱく質の摂取量不足など不適切な食習慣
・寝たきりや運動不足、生活習慣、入院など
・重度な臓器障害や慢性疾患など

 

 

 

対策としては、


◎運動

オススメするトレーニング種目⓵スクワット

 

 

オススメするトレーニング種目⓶ドローイン

仰向けに寝て両膝を立てます。お腹に手を当て、息を吐きながらお腹をへこませていきます。お尻を床に押し付けて10秒間数え、力を抜きます。1日:15回×3セットを目安に

 

 

オススメするトレーニング種目⓷つま先立ち

時間がなかなか作れなかったり、続かない方にはオススメです!!

1日:1分×3セットを目安に行ってみましょう。

 


 

◎食習慣を正す

 

日本の伝統食である和食では、主食、主菜、副菜の揃った一汁三菜または一汁二菜でメニューを立てると炭水化物(エネルギー)を摂れる主食(米・パン・麺類)、良質なたんぱく質・鉄分を摂れる主菜(肉・魚・大豆製品・卵)、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを豊富に含む主菜(野菜・海藻・きのこ)をバランスよく摂ることができます。

 

 

間食でオススメの食材!!

 

たんぱく質・カルシウムを摂れる乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズ)やビタミン・食物繊維を摂れる果物をプラスしてみては??

そして、ASPIRESTでもご用意しております「プロテイン」なども良いですね!!

 


 

 

◎生活習慣

 

睡眠不足、閉じこもり、運動不足、不規則な食生活、強いストレス、喫煙、過度の飲酒などの生活習慣は、身体活動性の低下や低栄養、生活習慣病などの慢性疾患を引き起こし、サルコペニアの要因になりやすいです。

 

1日に一回は外に出て、太陽の光を浴びましょう!!!

 

 

 

 

以上!!

 

カテゴリー: インフォメーション, サルコペニアとは, ダイエット, タンパク質について, ビタミンについて, ボディメイクとは, 生活習慣病予防について, 脂肪燃焼の仕組み, 食事理論等   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

まずは体験とダイエットカウンセリングを受けてみよう!

コース内容や料金、その他どんな細かい内容でも構いません。
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL: 050-1746-8690(受付時間:9:00~18:00)

  • シェイプアップストレッチコース
  • パーソナルストレッチコース
  • 加圧筋力トレーニング
  • 横浜西口店のご予約はこちら
  • 横浜東口店のご予約はこちら
  • 新宿南口店のご予約はこちら
  • 新宿東口店のご予約はこちら
  • 恵比寿店のご予約はこちら
  • 友だち追加数