インフォメーション・ブログ

ビタミンのお話 ~予防の達人~

こんにちは

自宅マンションの工事が朝早くて、寝不足ぎみの牧子です。

 

前回、ビタミンCについてお話させて頂きましが、その際に少し触れた

ビタミンE」について今回はお話させて頂こうかと思います^^

の前に、

今回もクイズを初めにやっていきましょう!!

「血圧」の画像検索結果

いきなりですが、皆さんの血圧はどれくらいでしょうか?

血圧、正常値、血圧

それぞれだと思いますが、どれくらいが「本当に」一番良いかご存知でしょうか。

①年齢+50

②年齢+70

③年齢+90

答えは後ほど。。。

————————————————————————————

[ビタミンE]

ビタミンE(以下V.E)」って、他のビタミンに比べるとあまり聞きなれないかと思います。

なので、このV.Eにどんな働きがあるかご存知でない方も少なくないのではないのでしょうか。

「ビタミンE」の画像検索結果

役割としておおまかに2つに分けることが出来ます。

動脈硬化を予防

貧血を予防

どうですか?「予防の達人」じゃないですか?(笑)

まず①からです。

人間は「コレステロール」によって血管内をキレイにしているわけですが、

コレステロールは水に溶けにくく酸化しやすいものなので、摂りすぎると余分なものが溜まり酸化し詰まってしまいます。。。

しかし、V.Eには抗酸化作用があるので、これを防いでくれます。詰まりにくくしてくれるというわけです!

また、血管の拡張もしてくれるので、血行を良くしてくれます^^

 

次に②の貧血予防です。

貧血の原因は鉄分不足ですが、

この鉄分が体の中に入ってから筋肉などに運んでくれるのが「赤血球」です。

そして、V.Eはこの赤血球のを守っているので不足してしまうと、

赤血球の膜が壊され運んでいた途中の鉄分が体外に流され、結果として貧血になってしまうのです><

女性は特に失いやすいので、摂っていきたいですね。。。。

「貧血」の画像検索結果

——————————————————————–

食材で言うと、油脂類や種実類、魚卵に多いです。

油脂類はひまわり油やオリーブ油(ひまわり油 大さじ1杯 4.6mg)、

種実類はアーモンドや落花生(アーモンド 10粒 4.1mg)、

魚卵はタラコやイクラなど(タラコ 1腹 4.3mg)。

量で言うと約6.5mg 女性は約6.0mg

脂溶性であることから、油で料理をすると吸収しやすくなるので、

普段の食事から意識的に摂っていけると良いですね^^

————————————————————————-

先程の答えは、

③の「年齢+90」です!

昔は血圧が160あっても問題なかったのに、

今となっては140ですら高いと言われますよね。。。

実は、高齢になればなるほど血管壁の弾力性はあがるので、

高齢の方の高血圧は高血圧ではないのです。(異常に高いのは除く)

だからと言って、若い人が高いのは悪いのか?

もちろん歳にかかわらず、食事の偏りや運動不足で異常に高くなっているのは問題ありますが、

逆に血圧が低いと全身に血液を押し出せず冷えやすくなったり、

脳に栄養が行きづらくなりボーっとしやすくなったりします。

変に自分が高血圧だと思ってクスリで下げるよりも、しっかりV.Eなどの栄養をしっかり摂り、

血管を良い状態で保てていればそこまで気にする必要は無いですね^^

(*血管などに異常がある場合は、食事でしっかり治しましょう!!)

 

次回は、

夜も長くなってきたので「目」に関係のあるビタミンについてお話しします^^

 

カテゴリー: インフォメーション   パーマリンク

まずは体験とダイエットカウンセリングを受けてみよう!

コース内容や料金、その他どんな細かい内容でも構いません。
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL: 045-620-5130(受付時間:9:00~18:00)

  • シェイプアップストレッチコース
  • パーソナルストレッチコース
  • 加圧筋力トレーニング
  • 横浜店のご予約はこちら
  • 新宿店のご予約はこちら
  • 恵比寿店のご予約はこちら
  • 友だち追加数