インフォメーション・ブログ

実は知らない?「くびれ」トレーニング!

こんにちは!ASPIREST新宿店トレーナーの酒井です☀️

今回は、

夏に向けて「くびれ」を作るためのトレーニングをご紹介します!


「くびれ」を作るために行うトレーニングって、皆さん何が思い浮かびますか?

多くの方は、「腹筋でしょ?」と思うでしょう。

もちろん腹筋も必要です。お腹(腹直筋etc)のトレーニングをすることによって、

お腹の縦ラインなどが見えるようになります。

腹直筋のトレーニング種目は「クランチ」が定番ですよね^ ^

自宅でも簡単に行うことができるので、継続しやすいのでオススメです

だがしかし!!! 実はお腹以外にもトレーニングは必要なのです!

お腹以外にトレーニングが必要な部位は、二箇所あります。

1つ目、背中の筋肉(広背筋上部)


背中の筋肉の1つ「広背筋」は、人間の体の中で最も面積の大きな筋肉です。

第五胸椎〜第五腰椎の棘突起・仙骨・腸骨稜・第九〜十二肋骨から、上腕骨小結節稜に付いています。

広背筋をトレーニングすることによって(特に上部)、脇の下から腰にかけてのラインが逆三角形のように絞られ、後ろから見たときの綺麗な「くびれ」のシルエットができます!

広背筋(上部)に効かすトレーニング種目でオススメなのは、「ラットプルダウン」です。

多くのフィットネスクラブや、ジムにはこの種目専用のマシンや、同様な動作が行える器具がありますので、ぜひお試しください^ ^

いま「トレーニングしてムキムキになってしまうんじゃ….」と、思われたそこのあなた!

大丈夫です。

男性と女性では、体内の「テストステロン」と言うホルモンの量が違うので同じトレーニング内容でも筋肉の発達具合は違うのです。

「テストステロン」とは、俗に言う「男性ホルモン」です。

このホルモンは、筋タンパク質の合成を促す「アナボリックホルモン」の一つです。

筋肉の成長を促し、筋肉の増強の元となります。

女性は主に副腎と卵巣でテストステロンを分泌していますが、分泌量は男性の5〜10%と言われています。

このホルモンよって、骨や筋肉は発達しますが、男性とは分泌量が違うため、男性ほどの筋肉は、トレーニングを数年かけて相当やりこまないとつきません。

結果、女性はそう簡単にはムキムキにはなりません!

なので、トレーニングすることを怖がらないでください^ ^

 

2つ目、お尻の筋肉(大臀筋)


次は、お尻の筋肉の1つ「大臀筋」です。

後臀筋線の後方・仙骨と尾骨の外側縁・胸腰筋膜・仙結節靭帯から、臀部粗面に付着。また、大腿筋膜の外側部で腸脛靭帯に移るります。

大臀筋をトレーニングすることによって、お尻がプリッと丸みが出て「くびれ」がより際立ちます。

広背筋のみをトレーニングし、強化してしまうと体全体のシルエットが大きな逆三角形となってしまいますので、バランスよくトレーニングできるとGOODですね^ ^

また、大臀筋が発達すると、ヒッピアップもしますので、女性らしい丸みのあるボディラインもできますので、尻トレはオススメです✨

大臀筋を鍛えるトレーニング種目では「ヒップスラスト」などがありますね。

Bの局面で、お尻を絞るようにしてバーをあげると、大臀筋にすごく効きますのでお試しください^ ^

「くびれ」ができないのは、お腹だけの問題ではありません。

お腹以外の部位もトレーニングを行うことによって、ボディラインの「くびれ」の部分が綺麗にみえるのです。

また、お腹だけでなく他の部位をトレーニングすることによって、全身の筋肉量を増えますので、基礎代謝が上がり、痩せやすい体に変わります!

ぜひ、これからのトレーニングに背中とお尻のトレーニングを加えてみてください^ ^

 

カテゴリー: インフォメーション, くびれ, ダイエット, トレーニング   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

まずは体験とダイエットカウンセリングを受けてみよう!

コース内容や料金、その他どんな細かい内容でも構いません。
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL: 050-1746-8690(受付時間:9:00~18:00)

  • シェイプアップストレッチコース
  • パーソナルストレッチコース
  • 加圧筋力トレーニング
  • 横浜店のご予約はこちら
  • 新宿店のご予約はこちら
  • 恵比寿店のご予約はこちら
  • 友だち追加数