インフォメーション・ブログ

脂肪を燃焼する脂肪!?脂肪との付き合い方🍖

こんにちは、株式会社 ASPIREST仲山です!

私が担当した前回の投稿にて、「脂肪の種類」について書かせていただきました。

今回は「脂肪の種類」ではありますが

少し細かく「脂肪の細胞」について書いていこうと思います^^

前回の記事を読まれていない方は、ぜひ一度お読みいただいてから

今回の記事を読んでいただくと、さらに脂肪についての知識が広がると思いますので

読んでみてくださいね^^

前回記事

薄着になる季節👗気になるお肉どう落とす!?

 


脂肪細胞

下記3点について書いて行きます!

 

白色脂肪細胞

褐色脂肪細胞

セルライト

①白色脂肪細胞

 

白色脂肪細胞とは

脂肪細胞には白色脂肪細胞褐色脂肪細胞の2種類があります。

白色脂肪細胞とはその名の通り、白っぽい色をした脂肪細胞で

一般的に脂肪細胞と言われて想像するものはこちらを想像される方が多いかと思われます!

私たちの体のあちこちに、蓄積する脂肪のほとんどは、この白色脂肪細胞だと言われています。

余分に摂取してしまったカロリーが中性脂肪となり、体内に蓄積されたものですね!

白色脂肪細胞が作られる原因

カロリー過多な食事や運動不足生活習慣の乱れなどが蓄積の理由となります。

男性の場合は内臓脂肪に、女性の場合は皮下脂肪につきやすい特徴がございます。

こちらも前回の記事の繰り返しになるので、前回の記事に飛んでみてください(^^)

白色脂肪細胞を落とす方法

白色脂肪細胞は、皮下脂肪内臓脂肪を減らす方法とほぼ同じような心がけで落とすことができます。(前回記事参照)

また、最近の研究で分かってきたのは、もう一種類の脂肪細胞「褐色脂肪細胞」を増やすことが、白色脂肪細胞減らすことにつながるとのことです。

エネルギーを燃やして余分なカロリーの消費に役立つ褐色脂肪細胞が増えれば、余分なカロリーを減らすことができ、脂肪として蓄積することを防ぐことができるそうです!

褐色脂肪細胞に関しましては、続きをお読みください!


②褐色脂肪細胞

 

褐色脂肪細胞とは

褐色脂肪細胞は、その名の通り茶褐色な脂肪細胞で、体を寒さから守り、体温を保持する役割を果たしている細胞です。

外の気温が下がると、私たちの体もそれに合わせて体温が下がってしまいます。

そこで、褐色脂肪細胞が、白色脂肪細胞を燃やして体温を上げようと作用してくれます!

私たちの体は、常に体温を平熱で保つよう褐色脂肪細胞が働いてくれているのです。

冷えから、私たちの臓器を守ったり、カロリー過多な食事で余った脂肪を燃やして熱として体外に発散させたり、といった重要な役割を待った細胞が「褐色脂肪細胞」なのです!

 

褐色脂肪細胞が増えればスリムな体になれるのか!?

褐色脂肪細胞が存在している場所はごく一部だと言われています。

褐色脂肪細胞が存在しているのは、肩甲骨の周り首回り脇の下心臓腎臓などの内臓の周りなどで、大人でも一人40g程度しか存在しません。

わずかな細胞で、私たちの臓器を守り、体温を保つ働きをしているのですから褐色脂肪細胞のパワーは計り知れませんね!

そんな褐色脂肪細胞を活性化させ、増やすことができれば、白色脂肪細胞を効率よく減らすことができるのは、すでにお察しいただけるかと思います!

現在では、褐色脂肪細胞を増やして皮下脂肪を燃やそう!といったダイエットも生まれているほどです。

 

褐色脂肪細胞増やす方法とは

褐色脂肪細胞を増やす方法としては、熱で細胞を刺激して活性化させる方法が有効だと言われています!

例えば、温かいお湯などで熱の刺激を与えると、私たちの体ではヒートショックプロテインという物質が増えます。

このプロテインは、褐色脂肪細胞を活性化させるために効果が高いとされているので、褐色脂肪細胞が多く存在している部分に、熱いシャワーなどで刺激を与えることが、褐色脂肪細胞の働きを高めてくれるのです!

具体的には、熱めのシャワーを肩甲骨首筋などにかけたり、温かいお湯交互に浴びる、といった方法が良いとされています。

注意点としましては、上記の方法は血圧の変化を起こしやすいので心臓が弱い方などは要注意です!

半身浴や、温かいお湯と水を交互に手足に浴びるだけでも効果はあるので、体調を考えて行いましょう!

もう一つ!

肩甲骨を動かす運動を日頃から取り入れて行きましょう!

肩甲骨を動かし褐色脂肪細胞が刺激されることにより、燃焼効果を高めることができるのでおすすめです!


③セルライト

セルライトとは

皮下脂肪です。大きくなりすぎた脂肪細胞一般的な脂肪細胞の大きさの違いでボコボコ見える現象です。

セルライトができる原因は?

食事で吸収したエネルギーが筋肉肝臓に蓄えられます。

蓄えきれなかった、余分なカロリー脂肪細胞に脂肪として蓄えられます。

脂肪細胞にも限界があります。

限界をむかえた脂肪細胞は分裂し、大きさの違う脂肪細胞となります!

この大きさの違いが、セルライトと呼ばれる、ボコボコした見た目を作り出します。

セルライトを効果的に落とす方法

セルライトとは上記の通り、普通の脂肪細胞と変わりません!

エステ業界がエステを利用してもらうために作った造語なのです。

なので、落とし方も、脂肪を落として行く方法と変わりません!

糖質脂質を制限していくのはもちろん、筋力トレーニング有酸素運動をしていきましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか!?

脂肪にも色々な種類があり、その特徴に合わせた対処法が大事であることがわかりますよね!

脂肪も大切な栄養素です!脂肪について知っておき上手く付き合って行きましょう!

おわり

株式会社ASPIREST  仲山

カテゴリー: インフォメーション, くびれ, ダイエット, 油の知識について, 脂肪の種類と正しい知識, 脂肪燃焼の仕組み   パーマリンク

まずは体験とダイエットカウンセリングを受けてみよう!

コース内容や料金、その他どんな細かい内容でも構いません。
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL: 050-1746-8690(受付時間:9:00~18:00)

  • シェイプアップストレッチコース
  • パーソナルストレッチコース
  • 加圧筋力トレーニング
  • 横浜店のご予約はこちら
  • 新宿店のご予約はこちら
  • 恵比寿店のご予約はこちら
  • 友だち追加数