インフォメーション・ブログ

痩せるために実は大切!食事と食事の間隔⏰

こんにちは^ ^ アスピレスト新宿店トレーナーの酒井です☀︎

今回は、意外と見落とされることの多い、痩せるために大切な「食事をとる時間の間隔」について、ご紹介させていただきます。


「1日に3食バランスよくとる」

これが日本では基本的な食事習慣です。

ですがここ最近では、、、

「1日1食ダイエットがいいらしい」

「いやいや、1日5食以上こまめに食べた方が痩せるらしい」

などなど……食事回数や時間の開け方に関する、様々な痩せるための食事方法が飛び交っています。

ですが、

実際のところはどうなの?

 

と疑問に思われた方も多いのではないでしょうか?

実は、痩せるために大切なのは食事の回数よりも「食事と食事の時間の間隔」つまり「食事のスケジューリング」が大切なのです!!

 

今回の投稿を読んで、ぜひ今日から食事のスケジューリングを考えて見てください^ ^


大切なのは食事をとる時間の間隔!

 

 

みなさん食事をとる際に、前の食事との時間を考えたことはありますか?

間隔は開けすぎてもダメ。近すぎてもダメなのです。

ではどうしてダメなのか、見ていきましょう。


なぜ間隔が空きすぎるとダメ?

 

食事と食事の間隔が長時間空いてしまうと、血中の糖分が不足します。

すると脳が飢餓状態(脳が、このままだと栄養が足りなくて死んじゃいますよっていう状態)を感知し、「次に食べ物が入ってきたら栄養をたくさん蓄えて!」という指令が身体に送られます。

なので、空腹が続いたあとの食事では、脂肪の吸収率が上がります。

つまり、脂肪を溜め込みやすくなるのです….!!

 

また、空腹を我慢した分、精神的にも抑制が効かず

・どか食い

・早食い

・食べ過ぎ

などをしてしまう傾向があります。

痩せるためには、食事間隔を開けすぎてはいけません。


なぜ間隔が短すぎてもダメ?

 

 

お腹をすかせてはいけないと言って、四六時中ダラダラと食べ続けているのは、臓器にすごく負担がかかってしまうので良いものではありません。

食事間隔が短すぎると、前の食べ物が消化されないまま次の食べ物が入ってくるため、胃腸にものすごい負担がかかります。

フル稼働しても消化しきれず、

・下痢

・便秘

・胃痛

・嘔吐

などを招きかねません。これは、ダイエット以前の問題ですね

健康のためによろしくないです。

また、食べ続けることによって1日の摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまうことがほとんどなので、単純に太ってしまいます。


理想の食事間隔とは?

 

空腹すぎるのも、ダラダラ食べ続けるのも避け、適度な時間をキープすることが大切です☝︎

ズバリその適切な時間とは、、、

4時間~5時間あけることが適切と言われています!

 

 

理由としては、食事を消化するには4~5時間ほどかかるからです。

消化が終わり、脳が「飢餓状態」と感知しないタイミングで食事を摂る。

これが、痩せるためにおけるスケジューリングのコツです!


*全ての人が上記の時間に当てはまるとは限りません。

・食事内容

・体質

・体調

などによって、調整することも大切です。

あくまで目安が「4~5時間」と覚えておきましょう!


今回は、適切な食事と食事の間隔についてご紹介しました。

様々な食事方法が紹介されていますが、健康的に痩せられる方法を選んで確実に結果を出していきましょう!

以上です!

カテゴリー: インフォメーション, ダイエット, ボディメイクとは   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

まずは体験とダイエットカウンセリングを受けてみよう!

コース内容や料金、その他どんな細かい内容でも構いません。
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL: 050-1746-8690(受付時間:9:00~18:00)

  • シェイプアップストレッチコース
  • パーソナルストレッチコース
  • 加圧筋力トレーニング
  • 横浜西口店のご予約はこちら
  • 横浜東口店のご予約はこちら
  • 新宿南口店のご予約はこちら
  • 新宿東口店のご予約はこちら
  • 恵比寿店のご予約はこちら
  • Instagram
  • 友だち追加数