インフォメーション・ブログ

重要なのは体重じゃない?!肥満の基準!

こんにちは^ ^ ASPI新宿店トレーナーの酒井です☀︎

今回は、一体何を基準として「肥満」かどうか決めるべきなのかについて詳しくご紹介させていただきます!

近年、多くの女性は美容目的で、感覚的に減量を必要なものだと判断している人がほとんどだと思います。

では痩せたいと思っている人々は、痩せるべき「肥満」について本当に理解しているのでしょうか。。。?

今回の投稿を読んで、自身の体に対する「太っている」という認識、または貴方が思っている「肥満」の認識についてその認識は正しいものなのか確認して見てください!


肥満と減量の必要性は別物?!

 

皆さんは自分が肥満かどうかは、どうやって判断していますか?

多くの人は体重、もしくは身長に対する体重の割合で判断しています。

 

そして、WHOも日本の多くの学会も身長に対する体重の割合であるBMIで肥満を判断するという形になっています。

しかし!体重やBMIでは、一体何によって体重が重いのかわかりません!!

体重が重い原因は、もしかしたら筋肉量かもしれない。骨が太いからかもしれない。。。

実は、体重やBMI「肥満」「減量が必要」だと判断するのは、間違いの可能性が高いのです….!!

 

 


肥満とは体脂肪が多すぎること

 

肥満とは体脂肪が多すぎることです。

身長の割に体重が重すぎる場合は「過体重」とよんで、肥満とは区別します。

健康上の悪さをするのは「体脂肪」であって、「体重」ではありません!

 

 

体脂肪以外の組織量が多くて体重が重い場合は、むしろ健康上とても良いことの方が多いです^ ^

この体脂肪以外の組織のことを専門用語で「除脂肪組織」と言います。

筋肉、内臓、骨、皮膚などのことです。

除脂肪組織が多い場合は、上記のものが充実していることになるので

とても良いことなのです!


なぜ肥満をBMIで測定するのか

 

測定の制度からいうと、体組成計なのど簡易的な測定よりも身長と体重測定の方がはるかに簡単かつ正確です。

スポーツ選手、筋肉労働者、そして一部の病気の人を除き、一般的な生活を送っている人では、身長と体重で計算する体格指数が体脂肪率とよく相関することが明らかにされています。

さらに、多くの研究によってBMIが最も健康との関連性が強いことも確認されています。

なので現在は国際的にもBMIで肥満を判定することになっているのです


○BMIだけでは減量の必要性は判断できない

 

現在ではBMIで肥満や痩せすぎと判断することになっています。

しかし、BMIは体重と身長だけで計算する指数なので、その計算結果だけでは、身体の中身はわかりません。

スポーツ選手など、アスリートの方々のBMIを見てみると、数値だけでは「肥満」に近い数値の方が多く見られます。

しかし、彼らは減量が必要でしょうか?

今のコンディションで、今のパフォーマンスが発揮できているわけであって

必ずしも減量が必要とは限りません。

なので、体重やBMIだけでは「肥満」は判断できないのです!!

 

 


まとめ

「体重が減りません!」とよく口にする方が多く見られます。

私たちトレーナーから見たら、これ以上痩せない方が良いのでは。と思う方でも

「もっと痩せたい!」という方も多いです。

「肥満」を判断するのは、体重でもBMIでもなく「体脂肪」です!

これからは、体重やBMIだけで自分を「肥満」「太っている」と思わないでください!

これからは、「体脂肪」の時代ですよ😏

カテゴリー: インフォメーション, ダイエット, ボディメイクとは, 食事理論等   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

まずは体験とダイエットカウンセリングを受けてみよう!

コース内容や料金、その他どんな細かい内容でも構いません。
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL: 050-1746-8690(受付時間:9:00~18:00)

  • シェイプアップストレッチコース
  • パーソナルストレッチコース
  • 加圧筋力トレーニング
  • 横浜西口店のご予約はこちら
  • 横浜東口店のご予約はこちら
  • 新宿南口店のご予約はこちら
  • 新宿東口店のご予約はこちら
  • 恵比寿店のご予約はこちら
  • 友だち追加数