インフォメーション・ブログ

食物繊維の種類について

 

ダイエットをされている方はよく、

食物繊維を多く含む食材を選びましょう!など聞いたことはありませんか??

 

本日は、食物繊維の種類とそれぞれの役割、仕事について書いていきます。

 

「食物繊維」の画像検索結果

 

食物繊維とは、
「第六の栄養素」として重要視されているとても重要な栄養素です。

簡単に2つに分けますと、
水に溶けないタイプ→不溶性食物繊維
水に溶けるタイプ→水溶性食物繊維があります。

直接、身体の構成成分やエネルギーにはなりませんが、栄養素の吸収をゆるやかにしたり、体に蓄積された老廃物や有害物質を排出したりする機能性を持っている。
肥満、便秘、生活習慣病などの改善に有用な成分ともいわれています。

 

 

 

不溶性食物繊維


 

成熟した野菜などに多く含まれ、糸状のもの、多孔質のものがあり、ボソボソ、ザラザラとした食感が特徴です。

 

・不溶性食物繊維を多く含む食材

穀類、野菜、豆類、キノコ類、果実、海藻、甲殻類(エビやカニ)の殻にも含まれています。

 

・特性、働き

「保水性が高い」
水分を数倍から10数倍も吸収する力をもち、腸内で膨れ上がった食物繊維は腸の内壁を刺激し腸の活動を活発にするとともに腸のヒダにたまったカスも削り取る。また水の吸収で便の量をふやすことで便自体を柔らかにしてスムーズな排出を促す。

 

「繊維状、蜂の巣状、へちま状」
よく噛んで食べるので咀嚼回数が増えやすい→満腹中枢への刺激

 

 

「発酵性」
大腸内で発酵・分解されると、ビフィズス菌などが増えて腸内環境がよくなり、整腸効果があります。概して、水溶性食物繊維より発酵性は低い。

 

 

 

 

水溶性食物繊維


 

ネバネバしたものサラサラした食材に含まれている。

難消化性デキストリンも水溶性食物繊維のもの。
食物繊維不足を補う目的ででんぷんから作られた、安全性が高くて特定保健用食品。

・水溶性食物繊維を多く含む食材

昆布、わかめ、こんにゃく、果物、里いも、大麦、オーツ麦などに含まれています。

 

・特性、働き

「粘性」
粘着性により胃腸内をゆっくり移動するので、お腹がすきにくく、食べすぎを防ぎます。糖質の吸収をゆるやかにして、食後血糖値の急激な上昇を抑えます。

 

「吸着性」
胆汁酸やコレステロールを吸着し、体外に排泄します。

 

「発酵性」
大腸内で発酵・分解されると、ビフィズス菌などが増えて腸内環境がよくなり、整腸効果があります。

 

 

 

不溶性食物繊維:水溶性食物繊維=2:1の割合で摂取するのがベストです!!

 

特に、水溶性食物繊維は食後の血糖値の急上昇を防いでくれる働きを持つので

食事の一番最初に食べる意識をしてみてください!

 

 

カテゴリー: 1ヵ月で8人合計100㌔ダイエット, インフォメーション, お腹を引き締める方法, くびれ, ダイエット, 便秘の解消法, 生活習慣病予防について   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

まずは体験とダイエットカウンセリングを受けてみよう!

コース内容や料金、その他どんな細かい内容でも構いません。
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL: 050-1746-8690(受付時間:9:00~18:00)

  • シェイプアップストレッチコース
  • パーソナルストレッチコース
  • 加圧筋力トレーニング
  • 横浜西口店のご予約はこちら
  • 横浜東口店のご予約はこちら
  • 新宿南口店のご予約はこちら
  • 新宿東口店のご予約はこちら
  • 恵比寿店のご予約はこちら
  • Instagram
  • 友だち追加数