健康的なタンパク質の摂り方について

2021.10.01コンディション

皆様、こんにちは!

パーソナルジムASPIの平田です!

 

皆様は、日常生活からタンパク質の摂取を意識して食生活を送っていますか?

私は、身体を作っていく上でタンパク質の摂取は必要だと思っており、毎食タンパク質を摂ることを意識しています。

近年フィットネスは盛り上がっており、トレーニング後にプロテインなどでタンパク質を摂取している方が多いかと思います。

でも、「どれだけ飲めばいいのかわからない人」や「飲めば飲むほど良いと思っている方」がいると思いますので、

本日は健康的なタンパク質の摂り方についてお伝えしたいと思います!

 

これを読んで、あなたは「健康な体」を手に入れることになるでしょう!!

 

まず最初に、

タンパク質は摂れば摂るほど吸収されて健康に良いわけではございません!

 

タンパク質はアミノ酸から作られますが、アミノ酸には窒素が含まれていて、代謝産物としてアンモニアをつくり、

そのアンモニアは非常に毒性があるので、体はそれをすぐに尿素にして尿として体外に排泄するように働きます。

つまり、

体内に窒素が溜まれば溜まるほど、より多くの尿素をつくって体外に排泄しなければいけなくなり、その作業を行う腎臓などに負担がかかります!

ということで、

適正量を超えてのタンパク質を摂取することは、体に良いとは言えません!

タンパク質は、筋肥大や体をつくることに関しては、とても大切な栄養素ではありますが摂りすぎは禁物ということです!

 

次は、

どれだけ摂るべきかというのをお伝えします!

日常的に運動習慣がある方のタンパク質の1日の適正摂取量は、体重1キロあたり1.2〜2グラムで、

運動習慣がない方のタンパク質の1日の適正摂取量は、体重1キロあたり0.83グラムになります。

運動習慣がない方が、運動習慣ある方と同じ量のタンパク質を摂取しても、実際にタンパク質として合成される量は同レベルには達しないと言われています。

それ以上に、タンパク質の摂取量を増やしたとしても、タンパク質の合成に使われず、体のエネルギー源になります

そうすると、アンモニアと尿素が作られてしまうことになるので、体にとってマイナス要因となってしまいますので注意しましょう!

 

次は、

タンパク質の摂取不足についてのお話です。

タンパク質は筋肉や骨、臓器から髪の毛や爪にいたるまであらゆる体づくりに使われる栄養素です。

体を機能的にはたらかせるためのホルモン酵素、体を守るためにはたらく免疫体をつくる材料になっています。

このように、

タンパク質は、体の機能的を維持するために欠かせないものです!

私たちの体内のタンパク質は日々作り替えられていて、体内で古くなったタンパク質は排泄し、食事で摂ったタンパク質を利用して新しいタンパク質を作り出しています。

タンパク質が不足すると作り替えることができず、筋力などが衰えるだけでなく、体の機能低下を引き起こし、体調を崩しやすくなる可能性が増すと考えられています!

 


本日は、健康的なタンパク質の摂り方についてお伝えしましたが、1回の食事でタンパク質を摂取するのではなく、

毎食、タンパク質を少しずつ摂取して1日の適正摂取量を目指し「健康な体」を手に入れましょう!

1度、ご自身で記録すると良いかと思います。

それでは、次回もお楽しみに♪

go top