コロナウイルスだけじゃない!健康被害はまだまだあった??

2020.12.26Column

こんにちは!
パーソナルジムASPIの薄井です!

今回は、お家時間が増えてきているあなたに伝えたい、
感染予防だけでは足りない健康との向き合い方についてお話しします!

健康二次被害とは外出自粛で起こりうる健康被害のことです。
通勤時間がなくなり、外での活動時間が減ることによる運動不足があげられます。

「最近むくみがひどい!」

「腰が痛む」

「眠りが浅くなってきた」

など感じたことはございませんか?このような問題の改善方法をご紹介します!

運動不足の被害

運動不足による二次的被害は大きく3つあります。

1.免疫力の低下
2.筋力低下による基礎代謝の低下
3.ストレスによる心の病気

運動による予防

  • スクワット
    太ももやお尻周りの筋肉など、下半身全体を使うことができるトレーニングです。
    たくさんの筋肉を使うのでカロリー消費も多く、ダイエット効果もあります!
    方法
    1. 足を肩幅程度に広げて立ち、背筋を伸ばした状態で、つま先はやや外側に向けましょう。手を肩の高さに上げてまっすぐ伸ばします。
    2. 息を吸いながら、3秒かけて腰を落としていきます。
    3. 太ももが床と平行になるまで腰を落としたら、今度は息を吐きながら3秒かけて元の姿勢に戻ります。
    1セット10回で、目標3セット行いましょう!

  • カーフレイズ
    ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれ、血流にも大きな影響を与えていると言われています。非常に重要な筋肉になるため、定期的に刺激を与えることが重要です!
    方法
    1. 肩幅に立つ
    2. かかとをできるだけ上げて、つま先立ちになる
    3. 重力に抗いながらかかとを下ろす
    1セット30回で、目標3セット行いましょう!

食事から予防

バランスの良い食事を心がけましょう。
栄養素には、様々な役割がございます。

体を動かすエネルギーになる(炭水化物、タンパク質、脂質)
体を作る材料になる(タンパク質、脂質、ミネラル)
体の調子を整える(タンパク質、ビタミン、ミネラル)

バランスが偏らないように、たくさんの食材から栄養を摂ってください!
食事のバランスガイドを参考に、本日のお食事から意識しましょう。

生活習慣から予防

1日が24時間であるのに対して、ヒトの体内時計は、約25時間でリズムを刻みます(生体リズム)。
このズレを修正する重要な同調因子が「太陽光です。快眠のためには、朝はカーテンを開け放し部屋に朝日を入れましょう。生活リズムのズレを修正する第一歩です。
・就寝時は明かりを消す。
・パソコンや携帯電話は寝る前には使わない。
・就寝3時間前には夕食を済ませる。
・ぬるめのお湯で入浴。
・リラックスできる音楽を流す。
・朝食をしっかりたべる。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
外出自粛だからと、家でまったりしていませんか?
だからこそ『何をするか』が重要です。
10分~15分で実施が可能です。是非お試しください!
もしあなたにあった運動を知りたい場合は是非パーソナルジムASPIまで!

 

 

 

薄井 郁夢

この記事を書いた人

薄井 郁夢

go top