筋肉痛を回復させるBCAA

2021.06.30Info

みなさんこんにちは!

パーソナルトレーナーの市村です!

誰しもが経験のある筋肉痛に関するテーマで本日はまとめてみました。

なぜ筋肉痛になるのか、回復するにはどうしたらいいのか。

その鍵はBCAA(アミノ酸の一種)の摂取にあるやもしれません。

 

早速、勉強していきましょう!

◆ BCAAが筋肉痛を回復させるメカニズム

 

誰でも経験のある筋肉痛ですが、現代のスポーツ医学でもそのメカニズムの解明には至っていません。

 

筋肉痛は運動後に遅延して生じることから、遅発性筋肉痛(DOMS)と言われています。

これまでに検証された筋肉痛のメカニズムには乳酸、筋痙攣、結合組織損傷、筋肉損傷、炎症および酵素流出といった5つの理論が提唱されてます。

 

そして近年では、トレーニングやスポーツによる過度な機械的刺激が筋肉を損傷させ、筋タンパク質の分解を促進するとともに、炎症および酵素を流出させることにより筋肉痛が発症すると考えられています。

 

筋肉痛のメカニズムの解明が進む中で、BCAAによる筋肉痛の改善効果についての知見が2000年ごろから報告されるようになりました。

 

1970年代から、BCAAが筋肉のもととなる筋タンパク質の合成・分解作用に影響を与えることが動物実験で示されて以来、ヒトへの効果の研究が進められてきました。

 

BCAAの主な作用は、トレーニングによる筋タンパク質の分解作用を抑制するとともに、ミトコンドリアの生合成と活性酸素の除去が示唆されています。

 

筋肉の量は、筋肉のもととなる筋タンパク質の合成量と分解量のバランスによって決まります。

トレーニングを行うと、筋タンパク質のバランスは分解作用に傾きます(その後にタンパク質を摂取することで合成作用に傾き、筋肉が肥大します)。

 

 

トレーニングによる筋タンパク質の分解は、筋肉から遊離する必須アミノ酸によって生じます。

BACCの摂取は、遊離する必須アミノ酸の量を軽減し、筋タンパク質の分解作用を抑制することが明らかにされています。

また、BCAAに含まれるロイシンには、筋タンパク質の合成作用を刺激するとともに、筋肉の損傷の修復過程を促進する働きが認められています。

 

さらにBCAAの摂取によりミトコンドリアの生合成が促進され、トレーニングで生じた活性酸素による酸化を防止する作用が示されています。これらのBCAAの作用が筋肉痛の発症因子である筋肉損傷や炎症を緩解させると考えられているのです。

 

 

◆ BCAAによる筋肉痛の予防

The man doing sports at home and listening to music

筋肉痛に対するBCAAの作用にもとづいて、ランニングなどの持久力トレーニング、高強度のレジスタンストレーニング(筋トレ)による筋肉痛を軽減させることがこれまでの研究で報告されています。

 

しかし、統計的なエビデンスやBCAAによる筋肉痛の適応や最適な摂取方法は明らかになっていなかったのです。

2017年9月、これまでに報告されたBCAAと筋肉痛についての8つの研究データを統計解析しました。その結果、BCAAの摂取はストレッチングや長期の安静といった他の介入に比べて、筋損傷を有意に減少させることが明らかになりました。。

 

報告は、BCAAが筋肉痛を緩解させるというこれまでの報告を肯定するものであり、そのエビデンスを示したのです。

 

同じ時期、マルセイユ大学での研究では、BCAAは、軽〜中等度の筋肉痛に対して効果的であり、重度の筋肉痛には効果が低いことを発表しています。

 

軽度から中程度の筋肉痛であれば、BCAAによる筋肉痛の改善効果が期待できます。しかし残念ながら、高度に筋肉が損傷した場合は、BCAAによる筋修復や活性酸素の除去などの効果が及ばないことが示唆されたのです。

 

また、 筋肉痛を効果的に予防するためには、トレーニングの前にBCAAを摂取することが示されました。

 

これは、BCAAの摂取により増強されるミトコンドリアの生合成や酸化の予防効果が即時的には作用しないためです。持続的な摂取により効果が増強することから、トレーニングの前にBCAAを摂取することが推奨されています。

 

このような理由から、BCAAの最適な摂取時期は、トレーニング実施日の7日〜10日前から始めるのが効果的であるとしています。そして最適な摂取量は、1日あたり体重×200mg以上(>200mg/kg/day)であることが示されました。

 

このような摂取方法は、BCAAをトレーニングの4日前から200mg以下の量を摂取したところ、筋肉痛の軽減効果が認められなかったという報告から裏付けられています。

 

これらのレビューの結果から、筋肉痛の適応や摂取方法を適切に行えば、BCAAによる予防効果が期待できるだろうと結論づけています。2017年9月、奇しくも同じ時期にBCAAによる筋肉痛の回復効果のエビデンスが示されました。

 

筋肉痛の軽減を目的にBCAAを摂取する場合は、筋肉痛が予測されるトレーニングの日の7〜10日前から摂取を始めましょう。

1日の摂取量は体重×200mg以上です。体重が70kgであれば14g以上が目安になります。

 

・BCAAの摂取は、軽度〜中等度の筋肉痛に対して効果的である 

・トレーニング日より7〜10日前から摂取を続ける

・摂取量は1日に体重×200mg以上(>200mg/kg/day)

 

筋肉痛のメカニズムは未だに明らかになっていませんが、レビューにより、BCAAが筋肉痛を軽減させること、その最適な摂取方法のエビデンスが得られているのです。

 

トレーニング量や運動強度を増やすなど、筋肉痛の発症が予測される場合は、BCAAの予防戦略が功を奏しそうですね。

それではまた次回まで!

ASPIではカウンセリングを元に
あなたのなりたい身体を目指せる
パーソナルトレーニングを提供しています。

ASPIのパーソナルが選ばれる4つの理由

理由1

米国資格保持者の指導だから正しく効率的に理想の身体へ

全スタッフが米国の高難度資格を保持しており、医学的エビデンスのある情報を元にした、食事指導と運動処方を実施します。

理由2

高品質のトレーニングが業界最安水準のコスパで

大手ダイエットジムのように莫大な広告宣伝費や、店舗の内装費を使わず、最小限に抑えています。

理由3

ストレッチ専門店も運営姿勢・ボディラインの改善へ

トレーナー全員がストレッチのプロ技術を持っています。機能解剖学に基づいた指導でサポートさせていただきます。

理由4

マンツーマンで自分に合った効率のいいトレーニング

あなたに合った特別なトレーニングメニューを通して、無理なく続けられるダイエットプログラムを提供します。

自分に合ったトレーニングが出来る2つのASPIの料金プラン

マンスリー・プランの料金

月間のトレーニング頻度を
セレクトできるプラン

月額料金

1回3,187円~(税込)

業界最安値

※月8回プランの場合

シェイプアップ・プランの料金

短期間で成果を出したい方の
食事アドバイス付きプラン

月額料金

分割:1回あたり32,926円~(税込)

1回50分全7回のパーソナルトレーニング
90食分の食事指導

※総額98,780円(税込) 分割36回の場合

関連記事

Free trial Plan

まずは無料体験から!

はじめての方へ無料体験プランをご用意しております。ぜひお気軽にお試しください。

「変わる」ためのファーストステップ 無料体験プランの詳細はこちらから

※「無料体験プラン」は、アスピのご利用がはじめての方限定のサービスです。
※お客様の個人情報につきましては、プライバシーポリシーをご参照ください。

go top