ご存知ですか?交代浴の効果

2020.07.07コンディション

みなさんこんにちは!

パーソナルジムASPIの玉村です。

梅雨に入り、ジメジメが続きますね(T ^ T)

梅雨が明けても毎年恒例の猛暑が待っています笑

そうなると、疲れを感じやすくなったり食欲がなくなったり

眠りが浅くなるなど体に不調をきたすことが多くなります❗️

その対策の一つとして『交代浴』をご紹介します✨

交代浴とは

古くはヨーロッパの温泉療法として行われてきたもので、温水浴(一般的な入浴)と冷水浴(水風呂)を交互に行う方法で

ここ10年程度ではアスリートの疲労回復に効果があるとして注目されてきました😊

2013年には交代浴に関して大規模な研究が行われ、温水浴のみより疲労回復効果などが優れていることが海外に発表されました♨️

温水浴により血管が拡張(広がる)し、冷水浴により血管が収縮(縮まる)します。

それを繰り返すことで血管で『ポンプ作用』が生じ血行が促進されるというものです😃

それにより、代謝が活発になり免疫が向上することも期待できますし、温と冷の交互の刺激によって自律神経(交感神経と副交感神経)のスイッチの切り替えが行われ自律神経の働きが正常化され、この時期特有の様々な不調の改善に役立つと言われています。

交代浴ってどうやるの?

さて、実際に交代浴やってみたいな✨と思った方もいるかもしれませんね

でも家には浴槽一つしかない💦

銭湯も近くにない💨

という方もご安心ください👍

交代浴はご自宅でも実践可能なのです(^_^)

それでは、以下に手順を示していきます❗️

ぜひやってみてください😊

①まず、40度程度の湯船に2〜3分浸かります

②次に、30度のシャワーで30秒ほど体を流します

③上記を3回繰り返します

いかがでしょうか?

とても簡単に実践できそうですね😊

生理学的には水温の差が10度あれば十分に効果を期待できるとのことなので

水風呂が苦手な方でも大丈夫だと思います✨

湯船がなく、シャワーしかない場合でも40度で2〜3分、30度で30秒ほど体を流していただければ代用できます❗️

※温度や浸かる(流す)時間はあくまで目安ですのでご自身で調節していただいても構いません。

注意点!

交代浴の注意点を以下にまとめました。

・初めは、温水浴と冷水浴の温度差を少なくして行いましょう❗️

温度差が大きいと心臓や血管に負担が大きくかかってしまい危険です⚡️

まずは温度差10度くらいから開始しましょう。

・十分な水分補給を❗️

交代浴は、代謝が活発になり発汗も多くなります💦

入浴前にコップ1杯の水分補給を行い、脱衣所にもいつでも飲めるように用意しておいても構いません😊

・風邪を引いた時は交代浴をしない❗️

免疫力が上がることが期待されていますが、その場で風邪が治るわけではありません💨

・心臓に疾患がある方、妊娠中の方は交代浴をしない❗️

疾患の悪化や、胎児に悪影響が出る恐れがありますので、詳しくはかかりつけの医師にご相談ください✨

いかがでしたでしょうか❓

適切に行えば、皆さんの不調の改善に役立つかもしれません(^ ^)

交代浴でこれからの季節を乗り切りましょう👍

玉村 安規

この記事を書いた人

玉村 安規

go top