かぼちゃの効果

2020.10.10コンディショニング

皆さんこんにちは!

パーソナルジムASPIの和田です!

外気がすっかりと冷え込んできて、長袖の季節がやってきましたね!

そしてイベントがたくさんの冬がやってきます!クリスマス、お正月…その前にハロウィンです!🎃

というわけで、今回はかぼちゃ効果についてご紹介いたします!

かぼちゃの効果・効能

食物繊維豊富

GI値が低く血糖値が上がりにくい

免疫力アップ

抗酸化作用による老化防止

浮腫改善

便秘改善

かぼちゃを摂取することでこれだけの効果が期待できます。

ハロウィンに使われているあのかぼちゃにこんなにも栄養があったことに驚きの人がたくさんだと思います。

その栄養について詳しくみていきましょう。

ローカーボダイエットにも強い味方

炭水化物とカロリーの塊のようなイメージのかぼちゃではないですか?🎃

かぼちゃは、健康や美容に役立つ栄養素がぎっしりと詰まっています。

緑黄色野菜の中でもかぼちゃは、ダイエット中にも積極的に食べたい野菜です。

気になるカロリーは100gあたり91kcal。😲

普段よくスーパーで見かけるサイズのかぼちゃは1個あたり1kg程度なので、1/4個ほどを食べると約239kcalになります。

他の野菜に比べるとカロリーが多く感じますが、同じく炭水化物がメインであるご飯のカロリーは100gあたり168kcalです。

ご飯に比べてかぼちゃは食べ応えがある割には、それほど多くないことがわかります。

ご飯の代わりにかぼちゃや芋類を入れる方も多くなっています。

さらに身体作りには欠かせないビタミン・ミネラルが圧倒的にご飯よりも多くなっています。

もう、かぼちゃを食べたい人がいるのではないでしょうか?😁

かぼちゃに含まれるビタミン・ミネラルの話にいきましょう!

 

かぼちゃに含まれるビタミン・ミネラルについて

かぼちゃは特にビタミンA、C、Eが非常に多く含まれています。

葉酸・カリウム・モリブデンなどのミネラル類も豊富です。

食物繊維もたくさん含まれているので、ダイエット中の便秘予防のためにもぜひとも積極的に食べたい野菜なんです。

脂溶性ビタミンであるA.D.E.Kには、

癌予防効果や血液循環、抗酸化作用、骨粗鬆症予防など多くの効果が期待できます。

さらに、緑黄色野菜であるかぼちゃはベータカロテンも豊富なんです。

ベータカロテンは身体の中でビタミンAとして働くだけでなく、

抗酸化作用による疲労回復効果や免疫力を強化する効果も期待できます。

 

浮腫改善

日本人は特に塩分摂取量が多く、普段からむくみに悩まされている人も多いです。

浮腫は女性の悩みで多いですよね。😭

かぼちゃはナトリウムと結合して体外に排出してくれるカリウムも豊富なので、

むくみの改善にも効果的なんです。

その含有量は100gあたり430mgと野菜の中でもトップレベルです。

同じウリ科でむくみに効果があると言われているきゅうりの約2倍以上、

スイカの3倍以上ものカリウムが含まれています。

さらに、血行改善効果や身体を温める効果の他にも、

便秘解消に欠かせない食物繊維もたっぷりと含まれています。

冷えや便秘もむくみの大きな原因なので、かぼちゃは総合的にむくみを改善してくれます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これをみたらかぼちゃを食べない選択はないですね。

私も減量しつつ、かぼちゃを味方につけています。

食物繊維も豊富で、ビタミン・ミネラルも野菜の中でトップレベルであり、

血糖値も上がりにくく脂肪になりにくい、最高ではありませんか?🎃

痩せることがうまくできていない方、ビタミン・ミネラル不足も十分考えられますよ。

ご飯の代わりにかぼちゃ、是非試してください。

身体の調子がよくなった』『最近便通がよくなった

このような感想が出ることを予想します。

芋類や瓜科は糖質が高いから食べてはダメ!と言うことを聞いたことがありますが、食べ過ぎは単なるカロリーオーバーです。

全ての食材に言えます。バランスよく食べて、効率よく糖質やタンパク質を吸収してあげましょう。

今日も幸せな未来に向かってトライしているあなたにエールを送りたいと思います。

私達と未来を明るくし、今よりももっと楽しい毎日を手に入れていきましょう!!

本日は以上です。また会いましょう。

和田 稀里弥

この記事を書いた人

和田 稀里弥

go top