姿勢評価 ~プロのトレーナーはどこを見ている?~

2021.06.16姿勢

あなたの姿勢は綺麗ですか?

「トレーニングで良い姿勢になりたい!」というお客様は、ASPIでも多いです。

良い姿勢とは、骨の配列が正しく重力に対して筋肉に無駄な負荷がかかっていない、

バランスの良い状態のことです。

そのバランスの良い身体は、レジスタンストレーニグで作ることができます。

さて、ではASPIのトレーナーはどこで「バランスの良さ」を判断しているのでしょうか?

→それには、ある「基準」が存在します。

プロのトレーナーの判断基準(ポイント)あなただけにこっそり2つお教えしますね。

ポイント1・反り腰 or 猫背を判断する <腓骨頭と腸骨稜頂点の位置>

腓骨頭と腸骨稜頂点の高さをチェックするのは、主に骨盤の前傾・後傾を判断する時に使います。大腿部や腹部から骨盤の位置に影響を及ぼします。

=============================================

・腓骨頭はスネの外側にある骨です。

・腸骨稜頂点は骨盤の一番高い位置です。

=============================================

この2点が地面から揃って垂直の位置にあるか? を確認します。

腓骨頭が前に出ている場合は、猫背ぎみ

腸骨稜頂点が前に出ている場合は、反り腰の場合が多いです。

⇩よくある原因を例に見てみましょう!

原因①椅子の高さ

・椅子に座った時、膝の位置が股関節より高い場合→猫背がちになる。

・椅子に座った時、膝の位置が股関節より低い場合→反り腰がちになる。

 

座っていて膝の位置が股関節より高いということは、前腿の筋肉が固まり、

重心を後ろに逃がすため腰を丸めてしまいます。

 

 

また膝の位置が股関節より低い場合は、腿裏の筋肉が収縮し、

重心を取るため腰が反りやすくなります。

 

 

このような姿勢を続けていると、その姿勢を身体が記憶します。

 

対策としては、股関節と膝の高さを同じ高さになるように

椅子の高さを変えると良いでしょう。

 

 

もし、もう固まってしまっている場合、対象の筋肉をストレッチするか、固まっている筋肉と拮抗する筋肉をトレーニングによって鍛えることで改善できます。

 

原因②高いヒールを履く

高いヒールを履くと重心が前腿に乗るため、必然的にバランスを取り腰を反らします。割とヒールを履く女性に腰痛は多い傾向にあります。

対策として、ヒールを履く割合を減らしましょう。

そして、前腿のストレッチと同時にハムストリングのトレーニングをオススメします。

上記、2つを例に挙げますが、おおよそ不良姿勢(運動不足も含む)もしくは偏った筋肉の使い方が原因となります。

ポイント2・巻き肩を判断<肘のシワの部分の向き>

=============================================

・肘のシワを肘窩横紋と言います。

=============================================

肘が内側に向いている時、肩甲骨を引き寄せて、巻き肩もしくは猫背になってしまいます。

以下に原因の例を挙げます。

原因①PCのキーボードを打っている時、肘が内側を向いている。

前腕部分が回内している場合、手先に力が入りやすくなります。この時、つられて肩甲骨も前に出てきます。

ですのでキーボードを打っていると、必ず巻き肩になってしまいます。現代人には避けられない原因です。

対策として、1時間に1度、肩甲骨を回しましょう。シュラッグという種目を負荷なしで行ってもOKです!

原因②運動不足になっている。

ロコモーティブシンドロームが深刻化していますが、家でゲームばかりしていたり、残業などにより運動機会が減っているようです。

人間はもともと四つん這いを無理やり起こしているので、背中の筋肉を鍛え、常にまっすぐな状態を保つためのトレーニングが必要です。

ちなみに本当に背骨が反らせなくなるのは、骨の変形が起こる65歳以上からです。

それ以下の年齢のほとんどの人は、背中の筋肉を鍛えることで元に戻ることが可能です。

対策として、姿勢を維持する脊柱起立筋をローイングやハイパーバックエクステンションなどで鍛えることをオススメします!

 

いかがでしたか?

自分の原因を知って対策をし、普段の生活で気をつければ大抵の場合、早くて3週間で改善ができます。

ただし自己で判断するのは難しいですから、ぜひ我々プロ集団ASPIにお任せください!

田口 弘樹

この記事を書いた人

田口 弘樹

元東大水泳部でコンディショニング&ストレングスコーチを担当していました!! 正しいアライメントでトレーニングを行わないと逆に足が太くなったり、膝を悪くしてしまったり、肩こりが悪化してしまったりします。 パーソナルトレーニングの良いところは、「あなたに合った動き」を提供出来る事です。 また600近くある筋肉のエラーもその日に原因を探り、アドバイスいたします。 「体脂肪を落とす」事はもちろん、本当に健康になる! ということを身体の動かし方を通じて、ご一緒により良くなっていきましょう!

go top