背中美人になって魅力アップ!

2019.06.24Column

みなさんこんにちは!
パーソナルジムASPIです!

最近は気温も上昇してきて、暑くなってきましたね!
ついに夏も近づいてきました!

夏になれば薄着になり、肌を露出する頻度が高くなりますね!
特に女性だと、水着やワンピース、キャミソールなどを着る機会が増えます!

 

背中美人になるための3要素として
『天使の羽』 『ビーナスライン』 『ハート形ヒップ』

が挙げられます!

この3要素の詳しい説明と、トレーニングの方法について解説していきます!

 

天使の羽

天使の羽根とは背中の肩甲骨がはっきりと浮かんで見え、きれいなラインが作られた状態のことを言います。
肩甲骨のまわりに無駄な脂肪や老廃物が溜まってしまうと、天使の羽根があらわれません。

天使の羽を作るためには肩甲骨周りの筋肉をしっかりとトレーニングしていくことが重要です!
筋肉をつけることで、血液の循環も良くなり老廃物の排出も促してくれるため、引き締まった美しい背中を作ることが出来ます!

 

 

天使の羽を手に入れるためのトレーニング

シーティッドローイング

①マシンに向かって座り両足をプレートに乗せる
②バーを握り肩甲骨を開いた状態にする
③そのまま肩甲骨を引き寄せるように引く
④負荷が逃げないところまで戻す

注意点
・体重を後ろにかけない
・肩甲骨が寄っているか確認しながら行う
・肩は常に落としておく
・胸を張って行うようにする

 

ビーナスライン

ビーナスラインとは背中中央部の縦ラインのことを指します!
このS字のカーブが綺麗に出ると、女性らしさが際立っていきますね!
ビーナスラインが綺麗に出ることで、水着やウェディングドレスなどを着た時も、バックスタイル綺麗に見えてきます!
またこのラインが崩れ、姿勢が悪くなってしまうと、筋力のアンバランスが起こり、腰痛などの原因にもなってしまいます。
このビーナスラインを出していくためには、背中の脊柱起立筋、体幹部を安定させてくれる腹筋のインナマッスルのトレーニングを行なっていくことが大切です!

 

ハート形ヒップ

ハート形ヒップとは綺麗に上がった引き締まっているお尻のことです。お尻の筋肉は意識的に動かすことが日常の動作にあまりないため、年を重ねるごとに骨盤がゆがみ、ヒップは下がりやすくなります。
凝り固まったお尻の筋肉をほぐして、血流を良くして筋肉を意識して鍛えることで、綺麗なハート形ヒップを作ることができます。ハート形ヒップは後ろ姿を決める大事なパーツでもあります。

 

 

ビーナスライン・ハート形ヒップを手に入れるトレーニング

デッドリフト
①腰幅程度に足を開いて立ちます。つま先は正面に向けましょう。

②股関節と膝を曲げしゃがんだ姿勢になり、肩幅程度に手を開き両手で床に置いたバーベルを持ちます。このとき上体はしっかり起こし、胸を張って背筋を伸ばした姿勢を保ちましょう

③バーベルをカラダの前面(スネや太もも)に沿わせるように持ち上げながら立ち上がります。このとき、肘を曲げるではなく、カラダを起こす力でバーベルを持ち上げましょう。

④立ち上がったら股関節と膝を曲げながらゆっくりとバーベルを下していき、しゃがんだ姿勢に戻ります。膝が前に出ないようにお尻を後ろに下げながら、バーベルをカラダの前面を沿わせて下ろしましょう。バーベルは床につけずにスネの位置まで下ろしたら、カラダを持ち上げていき次の動作に移ってください。

〜まとめ〜
いかがでしたか?
あなたも美しい背中を手に入れ今年の夏を満喫しましょう!

ASPIではトレーニングはもちろん、姿勢改善やストレッチにも力を入れており、お客様の理想のボディに合わせてメニューを組んでいくことが可能です!

興味のある方はぜお気軽に足を運んでみて下さい!

では、次回の投稿もお楽しみに

新垣 レオン

この記事を書いた人

新垣 レオン

私は、ただ筋肉をつけるだけでは無く、より機能的な体づくりというものを目指しています! 見た目だけでは無く、内側から美しくしていく事が、健康的な体づくりには大切です! ASPIでは、筋力向上・姿勢改善・機能的な体作りなど、お客様の目的に合わせて様々なトレーンにングを行う事ができます! 体にお悩みをお持ちの方は是非一度ASPIに足を運んで見て下さい! お待ちしております!

go top