ヨガやピラティスの違いは何?効果は?

2021.03.03体幹

みなさんこんにちは!

 

今日は、皆様も実践したことがあったり、これからやりたいなと思っている人も多いであろう

ヨガ、ピラティスについて学んで行きたいと思います。

元ヨガインストラクターの小林が解説していきますね。

 

ヨガとは?

ヨガはサンスクリット語の「ユジュ」(牛や馬と車をつなぐ軛)が語源で、体、心、魂を神(あるいは宇宙)に結びつけることの修行法として、紀元前4000年~2000年頃にインド地方のインダス文明で生まれたのが紀元とされています。

最も古いヨガの根本経典である「ヨガ・スートラ」にはヨガは「心の動きを抑止すること」と定義されています。

心の動きを抑止することに向かって、アーサナ(ヨガのポーズのこと)や呼吸法を行い肉体、心を浄化へと導いていきます。

ヨガ=心のコントロールをし、心と体を健やかな状態へ保つ

 

ピラティスとは?

ピラティスはドイツ人の看護師、ジョセフ・H・ピラティス氏が、第一次大戦で負傷した兵士のリハビリのために開発したリハビリ運動です。

体幹やインナーマッスルを鍛えるために背骨や骨盤の動きに焦点を当て、身体の機能回復を目的としています

医療現場でのリハビリからアスリートまで様々な方の強度に合わせ実践が可能とされ、エクササイズを実践することで、理想的な姿勢と動作を学ぶことができるといわれています

ピラティス=インナーマッスルを鍛えることで、姿勢を改善しバランスよく筋肉を鍛えるためのエクササイズ

 

二つは似ているようで、目的が異なります。ヨガ=精神、ピラティス=姿勢改善が主な目的ということですね。

ですが、ふたつのエクササイズには最大の共通点があります。

それは呼吸です。ヨガとピラティス、この二つとストレッチの違いは呼吸と動作を連動させて行うことです。

 

 

ヨガの呼吸:鼻から吸って鼻から吐く

ヨガの呼吸は「プラーナヤーマ」といい、生命エネルギーを指します。呼吸によってエネルギーの流れをコントロールします。

そのため、目的によって、腹式呼吸、胸式呼吸、片鼻呼吸、ウジャイ呼吸、カパラバディ呼吸など使い分けます。

鼻呼吸は、口呼吸よりも酸素を多く取り込め、空気中のウイルスをブロックしてくれる効果があります。

 

ピラティスの呼吸:鼻から吸って口から吐く

ピラティスの呼吸は胸式呼吸です。ピラティスは身体の機能改善・姿勢改善を目的としているため、交感神経が優位になる胸式呼吸で行います。

胸式呼吸は、吸う時に肋骨まわりの筋肉が大きく広がり、吐くときには、腹横筋と骨盤底筋群が収縮します。そのことにより、体幹部の安定、インナーマッスルの活性化へと繋がります。

 

 

二つのエクササイズの効果

【自律神経が整う・心のリフレッシュ】

忙しい日々が続き、頭が休まらない、ずっとやる気が出ず体がだるい。等自律神経が乱れると様々な不調が現れます。

どちらのエクササイズも呼吸と体の動きを連動させて行うことで、酸素が脳にくまなく行き渡ります。

吸う=交感神経、吐く=副交感神経が優位になるとされており、バランスを整えることによりリフレッシュされます。

二つのエクササイズはいずれも「動く瞑想」と呼ばれるほど心の浄化に効果があるとされています。

【姿勢の改善】

ヨガはバランスや、逆転(頭が下になる)など様々なポーズをとり、全身の筋群が刺激されます。

ピラティスは背骨を丁寧に動かし、静止せずに行うのが特徴とされどちらも身体の深層部の「インナーマッスル」が刺激されます。インナーマッスルは、脊柱(背骨)・肩甲骨・骨盤を支え、姿勢に関係する筋肉なので、動かすことで正しい位置に導いてくれるとされています。

【ボディメイク】

ダイエット

二つのエクササイズはインナーマッスルを刺激します。インナーマッスルは筋繊維の割合いが「遅筋線維」と呼ばれる太くなりにくい・持久力の高い筋繊維が優位とされています。

遅筋繊維が優位になる例としてマラソン選手が挙げられます(長時間の運動で持久力を高めるトレーニングを行っているため)

遅筋は太くなりにくい筋肉なので、しなやかで細いボディラインを求める方はヨガ。ピラティスは有効と言えるでしょう。

【スポーツパフォーマンスUP】

有酸素

身体の歪みは動作にも影響を及ぼします。身体が正しい位置となり、姿勢が整うことで、「正しい動作」がスムーズに行える為、パフォーマンスUPへ繋がると言われております。

 

他にも、内臓機能活性化、集中力UP、柔軟性向上など様々な効果があります。

 

トレーニングを行っている方も、身体を正しい位置に導くことでトレーニングのパフォーマンスUPにも繋がることでしょう^^

今回はヨガとピラティスについて学んでいきました!

また次回もお楽しみに♬

 

 

 

小林 真緒

この記事を書いた人

小林 真緒

go top