脚トレは必要?脚トレの効果と代表的な種目紹介

2019.12.24Info

みなさまこんにちは!

 

ASPIトレーナーの市村です!

みなさんトレーニングは楽しんでいますか?

 

ちなみに、脚トレは楽しんでいますか?

ドキッとされた方が多いのではないでしょうか?

脚トレをおろそかにしている人や、そもそも脚トレはしていない人が多いと思います。

今日は脚トレがいかに重要なのか、その効果について説明して行きたいと思います!

 

agenda

1. 下半身の筋肉とは

2. 代謝UPには脚トレ!

3. バランスをよくするなら脚トレも!

4. 脚トレの種目紹介

 

1. 下半身の筋肉とは

下半身の筋肉のその体積はは全身の約7割を占めています!

その代表的な筋肉は

  1. 臀筋群
  2. 大腿四頭筋
  3. ハムストリングス
  4. カーフ(下腿三頭筋)

これらの筋肉をバランスよく鍛えることがトレーニングにおいて重要になってきます

 

バランスを崩せばそのまま悪い姿勢になってしまうだけでなく腰痛や膝の怪我にも繋がります

 

2.代謝UPには脚トレ

 

前述した通り下半身の筋肉は全身の筋肉の体積のうち約7割を占めています

つまり下半身を動かすことや筋肉量が増えれば、その分多くのエネルギーを使用することになるので

代謝がUPすること間違いなしです

 

つまり減量をする男性、シェイプアップしたい女性は上半身よりも下半身のトレーニングを優先的に行なった方が効果が出やすいということになります

 

この事実はなかなか知られていないようですね

また下半身をトレーニングすると、「脚が太くなってしまうから嫌だ!」という女性も少なくありません。

 

その悩みには、まず、見た目が変わるほど足を太くするにはかなりの高強度でトレーニングをする必要があるため、筋肉が肥大しにくい女性では足を太くしたくてもできないケースの方が多いです!

そして部位をしっかりと分けてトレーニングすることでヒップアップや腿裏を鍛えて見た目をスッキリすることも可能です

 

女性でも男性でもぜひ脚トレを行なって欲しいですね!

 

3. バランスをよくするなら脚トレも!

 

脚トレをするメリットの二つ目に挙げられるのが全体のバランスです!

 

見た目なんて!と思う方もいるかと思いますが「チキンレッグ」と呼ばれるのは恥ずかしいですよね、、。

 

たくましい下半身にはたくましい上半身が似合います。

 

全体のバランスを取ることで関節への負担が軽減することや、上半身の種目でも下半身が安定することで効率が上がることも期待できます!

 

4. 脚トレの種目紹介

 

脚トレにも数え切れないほどの種類がありますが、

代表的な種目をいくつかご紹介いたします!

 

①スクワット

脚トレの王様

 

★鍛えられる筋肉

・臀筋群

・大腿四頭筋

・ハムストリングス

★正しいやり方

1.  足を肩幅か少し広めに広げる

2. 足先を少しだけ外側に向ける

3. 背中を曲げずに、ゆっくりと腰を落とす

4. (3)の時、体重はかかとにかけておきましょう

5. 太ももと床が平行になるまで下げ、素早く元に戻す

 

②ランジ

★鍛えられる筋肉

・臀筋群

・大腿四頭筋

・ハムストリングス

★正しいやり方

1. 肩幅よりも少し狭く足を開く

2. 足を一歩前に大きく踏み出す

3. その後ゆっくりと腰を落とす

4. 前に出した足の太ももが地面と平行になるくらいまで下げたら、ゆっくりと元に戻す

③スタンディングカーフレイズ

★鍛えられる筋肉

・カーフ

★正しいやり方

1. 立位で足は肩幅分ほど広げましょう

2. 背中をまっすぐ伸ばし、つま先で立つようかかとを上げる

3. 限界までかかとを上げて、1秒間キープ

4. その後、ゆっくりかかとを下ろす

 

 

 

いかがでしたか?

今回紹介した代表的なトレーニングをこなして、理想の下半身を作りあげてください!

それではまた次回まで!

市村 竜勢

この記事を書いた人

市村 竜勢

go top