トレーニングの正しいフォーム

2019.11.17Other

こんにちは!

パーソナルジムASPIのオレンジ色担当、岡田です!

 

本日はトレーニングをする際によく言われる正しいフォームについてお話しましょう。

そもそも正しいフォームとは?

トレーニングは正しいフォームで!☝️

と、良く聞きますが何故「正しいフォーム」にする必要があるのでしょうか?

 

より効率よく狙った筋肉を鍛える為!!

 

と言うのも一つの理由なのですが、その最大の理由は

 

怪我をしない為!🔥🔥

 

シンプルではありますが、とても重要なことですね!💥💥

トレーニングや、スポーツをしたくても怪我をしてしまっては元も子もありません!(´;ω;`)

 

ましてや、「スポーツをしたいからトレーニングはじめました!」

と言う方がトレーニングで怪我をしてしまっては本末転倒ですよね💦(´;ω;`)(´;ω;`)

では改めてなぜフォームが大切かを、紐解いて見ていきましょう!🤗

 

何故フォームが大切なの?

 

① 怪我を防ぐため✨✨

先ほども言いましたが、まず第一にコレです!

最も重要なことです!🔥

 

フォームが崩れていると、様々な怪我に発展します。

中には予想もしない大怪我に繋がることも…(´;ω;`)

 

では実際にどういった部位が怪我をしやすいか、その多くは関節に起きています。

「膝、肘、肩」

などが主に怪我をしやすい場所になります。

「自分はちょっと無茶なフォームでもこっちの方がやりやすいんだ!」

と、独自のフォームで行ってる方も注意してください!💥

 

☆ 関節や骨は消耗品

 

誤ったフォームでトレーニングを続けていくと、関節や骨同士が擦れて

少しずつ削れてきます(これを摩耗と言います)⚡︎⚡︎

 

最初は全然平気でも、無茶な負荷がかかり過ぎた状態が続けば

少しずつ削れていき知らず知らずのうちに炎症が起こったり

痛くなってきたりする原因になってしまいます!💥((((;゚Д゚)))))))

 

結果、せっかくトレーニングを始めたのに周りの関節が痛くて思うように動かせない…

となってしまうわけです😱💥💣

 

 

② 効率よく狙った筋肉を鍛えるため🔥🔥

 

こちらも大切な要素の一つになります。

同じトレーニングでもほんの数ミリフォームが変わるだけで

利き方が大きく変わってきます。

 

鍛えたい場所を効率よく鍛えられているか?

逆にキチンと鍛えたい場所に負荷をかけられているかどうかで

そのフォームが正しいかどうかも判断することができます。

 

 

正しいフォームで筋トレを行うには?

正しいフォームで行うことが重要なのはよくわかった。

では、実際にどうすれば正しいフォームで行うことができるのか?

インターネットを見ても情報が多過ぎてどれが正しいのかわからない!!💥😱

 

結論から率直に言いますと

 

我々トレーナーの指導を仰ぐのが最も効率的です!笑

 

何故なら、人によって骨格や筋肉の付き方は違うので

その人に合ったフォームが必ずあります!✨

姿勢や骨格を瞬時に見抜き、その人に合ったフォームを提供するのが我々トレーナーの役目です!🔥🔥

 

勿論、基礎となるフォーム自体はある程度決まっていますが

私の経験上、そういった基礎のフォームでやっても関節が痛い、ちゃんと狙った筋肉に

効いていない、と言う人は想像以上に多いものです!⚡︎

 

ですので、筋トレ初心者やこれから始めたい、と思っている方や

フォームに自身のない方は是非

我々トレーナーに身体を委ねてあげてください🤗✨

 

 

今回はここまでになります!

次回の投稿もお楽しみに!!✨(・◇・)/~~~

go top