『冷房病』にご用心!その体調不良、冷房が原因かもしれません。

2021.06.27コンディショニング

みなさん、こんにちは!

パーソナルジムASPIの松岡です!

いよいよ関東も梅雨入りをし、気温も湿度も高い日々が続いておりますね。

冷房が効いている室内は快適ですが、長時間室内にいると、気がついたときには身体が芯から冷えていることがありますよね。

また、冷房が効いている室内と、気温の高い屋外の気温差で、何かしらの身体の不調を感じられた方もいらっしゃるのではないでしょうか??

もしかしてみなさんが感じられているその症状、『冷房病』かもしれませんよ!

今回はこれからの季節、非常に身近な『冷房病』についてお話ししていきたいと思います!

 

『冷房病』とは??

冷房が効いている室内と、そうでない室外を何度も行き来していると、「自律神経」のバランスが崩れ、身体にさまざまな不調が起こることをいいます。

人は「自律神経」の働きによって気温差に順応できるようになっています。

気温が上がると体温を下げるため血流を良くして汗をかきやすくしますが、冷房の効いた室内に長くいると、今度は体温をキープしようとして血管を収縮させ、血流を抑えます。

そのため、「冷え」につながるのです。

このようなことを1日に何度も繰り返していると、「自律神経」のバランスが崩れ、気温差に身体がついていけなくなります。

その結果、身体のだるさや頭痛、腹痛、下痢、便秘、女性の場合は生理不順など、さまざまな体調不良が生じます。

これが、『冷房病』と呼ばれるものです。

 

あてはまる症状

・手足の冷え

「自律神経」は身体の体温調節の機能を担う神経です。

「自律神経」の乱れが原因で起こる、最も代表的な症状がこの「冷え」だと言えます。

 

・肩こりや頭痛

デスクワークでは長時間同じ姿勢でいることが多いため、血行不良が起きやすい環境だと言えます。

そこに冷房の冷えが加わると、血管がさらに悪くなり筋肉が硬くなることから、肩こりや頭痛、腰痛など、さまざまな症状が出てきます。

 

・便秘や下痢

前述の通り、頻繁な寒暖差は「自律神経」の乱れを引き起こします。

「自律神経」は内臓の動きにも深く関与しているため、原因不明の便秘や下痢といった消化器官の不調の原因が、実は『冷房病』による「自律神経の乱れ」だった、ということもあるようです。

 

・肌荒れ

乾燥はお肌の大敵ですが、冷房の効いた室内は湿度は、なんと真冬の湿度とほぼ同じ状態だと言われております。

乾燥した室内で長時間を過ごしていると、お肌の角層から水分が奪われてごわつくとともに、保湿機能やバリア機能が低下します。

 

・月経不良や生理痛

女性の場合、女性特有の体調不良の原因にもなりえます。

血の巡りが悪くなることで、月経不良になったり、生理痛がいつもより重くなったりすることがあります。

冷えが原因で卵巣の機能が低下し、子宮の収縮が強くなって、いつもよりも痛みが増してしまうこともあります。

解消方法をご紹介

・クーラーの設定温度は屋外との温度差5°以内を目安に設定

室内と室外の温度差を5℃以内にキープすることが、「自律神経」を正常に機能させるポイントです!

必要以上に体を冷やさないように、朝晩の涼しい時間は扇風機に切り換えるなどの工夫もしていきましょう。

 

・羽織りものやカーディガンで体温調節

自宅なら温度調節も可能ですが、オフィスや交通機関ではそれが難しい場合もあるかと思います。

オフィスでならブランケット、持ち歩く際は薄手のカーディガンやストールがあると便利です。

 

・入浴はシャワーでなく湯船に浸かる

忙しいと入浴はシャワーで済ませてしまう方も多いですが、湯船に浸かることで身体を芯まで温め血行を良くしてくれる効果がございます。

極端な温度差を避けるために、ぬるめのお湯にゆっくり浸かることが、「自律神経」を整えるポイントです!

 

・身体を温める飲み物・食材を摂取

夏場は冷たい飲み物を選びがちですが、暖かい飲み物を選ぶことで内臓の冷えを防ぐことができます。

また、生姜やこしょう、唐辛子などのスパイスを取り入れていただくと、身体の中から温めてくれますよ!

 

・運動で冷えにくい身体作りを行う

人の筋肉には体の熱を作り出す働きがあります!

女性に冷え性が圧倒的に多いのは、男性に比べて筋肉量が少なく、体脂肪が多いためです。

運動は筋肉を増やすことに加え、全身の血流を改善する効果も期待できます!

ぜひ私たちと一緒に、運動を始めてみませんか!

いかがでしたか??

リモートワークやステイホームが推奨され、室内で過ごす時間が増えた今、『冷房病』対策を行い、健康な毎日を過ごしてまいりましょうね!

それでは次回もお楽しみに!

松岡 翠

この記事を書いた人

松岡 翠

元バーテンダーとして約10年間接客業に携わってきました。 バーテンダーには『優しい止まり木』という意味があります。 トレーナーとしても、皆様に癒しと活力を与えられるような存在でありたいと考えております。 バーテンダーで培ったコミニケーション術と米国基準の知識に裏付けされた指導で、あなたの理想のライフスタイルのお手伝いをします。 ぜひ私と一緒にトレーニングいたしましょう♪

go top