タンパク質の種類について!

2019.08.16Column

みなさんこんにちは!

パーソナルジムASPI 新垣です!

 

本日はトレーニングを行う上では必須となる、『タンパク質』の話をしていきたいと思います!

みなさんはタンパク質と聞くとどんなイメージを持ちますか?

筋肉を作ると言ったイメージが最もポピュラーかと思います!

タンパク質の働きはそれだけでなく、酵素やホルモン、免疫物質としても働き、生命維持のためにも非常に重要な役割を担っています!

 

そもそもタンパク質とは?

たんぱく質は20種類のアミノ酸から構成されています。

たんぱく質とはアミノ酸が多数結合した高分子化合物で、筋肉や臓器など体を構成する要素として非常に重要なものです。

また、このアミノ酸は必須アミノ酸と、非必須アミノ酸に分ける事が出来ます!

必須アミノ酸は、体内で合成する事が出来ないため、食事から摂取していく必要があります!

非必須アミノ酸は体内で合成できるアミノ酸です!

 

必須アミノ酸

バリン、ロイシン、イソロイシン、スレオニン、メチオニン、リジン、フェニルアラニン、トリプトファン、ヒスチジン

非必須アミノ酸

グリシン、アラニン、グルタミン酸、グルタミン、セリン、アスパラギン酸、アスパラギン、チロシン、システイン、アルギニン、プロリン

 

上記のアミノ酸が様々な形で結合したものがタンパク質となります!

ヒトの体の中には数万種類ものタンパク質があり、それぞれが異なる役割を持っています。

酵素やホルモンとして代謝や体の機能を調節するもの、ヘモグロビンやトランスフェリンなど物質の輸送に関与するもの、γ-グロブリンなど免疫に関与するもの、アクチンやミオシンなど体を構成するものなど、どれも、生きていくためには欠かすことのできないものです。

 

2種類のタンパク質

タンパク質には、主に筋肉・骨などの骨格系の合成に関わる動物性タンパク質と、肌や爪などを綺麗な状態に保つ働きのある植物性タンパク質に分類する事が出来ます!

 

動物性タンパク質

特徴

主に筋肉を合成しているため、リバウンドしずらい正しいダイエットを行っていく上では必要不可欠な栄養素となります!

極端な食事制限で、このタンパク質まで不足してしまうと、筋肉量まで低下してしまい、基礎代謝が下がってしまいます!

そうなると、普段のお食事に戻した際にリバウンドするリスクが高くなってしましますので、動物性タンパク質をしっかり摂取し、基礎代謝を高めながら体重を落としていく事がダイエット成功の鍵となります!

多く含まれる食品

牛肉/豚肉/鶏肉/卵/ 乳製品/魚など

 

植物性タンパク質

特徴

植物性タンパク質は筋肉の合成にはあまり関与はしていないと言われていますが、綺麗な体づくりを行っていくには、この栄養素も重要です!

植物性タンパク質は主に爪や肌を栄養し、美容効果の期待できる栄養素です!

また、大豆に含まれるイソフラボンなどは、女性ホルモンに似た働きを持っており、食事制限でホルモンバランスが乱れやすくなっている女性の場合は、特に意識的に摂取していく必要があります!

多く含まれる食品

納豆/豆腐/豆製品

 

このように一概にタンパク質と言っても、その種類によって体に与える影響というのは異なってきます!

綺麗な体を作りつつ正しく痩せていくためには、上記2種類のタンパク質をバランスよく摂取していく事が求められます!

各食品によって、含まれる栄養素は異なりますので、特定の食品に偏らないように、様々な食品からタンパク質を摂取する事が重要です!!

 

タンパク質をしっかり摂り、正しいダイエットで美しい体を手に入れていきましょう!

次回投稿もお楽しみに!

新垣 レオン

この記事を書いた人

新垣 レオン

私は、ただ筋肉をつけるだけでは無く、より機能的な体づくりというものを目指しています! 見た目だけでは無く、内側から美しくしていく事が、健康的な体づくりには大切です! ASPIでは、筋力向上・姿勢改善・機能的な体作りなど、お客様の目的に合わせて様々なトレーンにングを行う事ができます! 体にお悩みをお持ちの方は是非一度ASPIに足を運んで見て下さい! お待ちしております!

go top