マスターせよ!マッスルコントロール✨

2019.10.13Column

こんにちは!パーソナルジムASPIの酒井です^ ^

 

今回は、トレーニングを行なっている方であれば得意な人も多いであろう「マッスルコントロール」について、ご紹介していきます💪

 

皆さん「マッスルコントロール」というワードは、聞いたことありますか👀

マッスル?筋肉??

なかなかイメージしずらいですよね。

 

なので、今回はこの言葉の意味や詳しい効果を分かりやすく解説していきます!

ぜひ今回の投稿を読んで、皆さんも「マッスルコントロール」を習得していってください😉

 

 

ッスルコントロールとは?

「マッスルコントロール」直訳すると「筋肉を操作する」となります👀

とても簡単に定義しますと、

練習によって自身の意思で特定の筋肉を動かすことができる

同時に他の筋肉を意識的にリラックスさせることができる

となります。

 

また、このワードは筋トレ用語というよりも、どちらかというとボディビル用語となるそうです。

 

 

 

マッスルコントロールのメリット

筋肉が自由にコントロールできると何が良いのでしょうか?

こちらいくつか効果はありますが、最も代表的なものは

筋肉への刺激が高まり、普段よりも狙った部位に効かすことができます

効かせたい部位のみに刺激を入れ、その他の部位は力を抜くことによって、負荷が分散することがなく狙った箇所のみ効かせられるので、より筋肥大や筋力アップなどには効果的です。

 

また、コンテストなど自身の体を見せる場面では、コントロールすることによって体を大きく見せることができます!

いかに大きく見せられるかが、勝利の鍵を握っているのです。

 

 

 

マッスルコントロールが出来る様になりたい!

ではどのようにして習得すべきか👀

そもそも、このマッスルコントロールは簡単にはできません。

慣れるまでは、なかなかできないので諦めてしまう方もいます。

ですが、ここで諦めてしまってはさらなる成長に繋がりません🔥

諦めずに頑張りましょう!!

 

①筋肉のリラックス

まずはリラックスが大事です!

最初は何事もスイッチオフの状態から、オンとなり皆さん動き出しますよね。

マッスルコントロールによって、体を大きくしたり、筋肉を動かしたりするということは、特定の部位のみ「筋肉を収縮させる」ということになります。

筋肉を収縮させる前に、まずはリラックスしたゼロの状態を作るべきです☝︎

なので、最初はリラックスです。

 

 

 

②筋肉の収縮

オフ状態だったところから、一気に筋肉を収縮させます💥

収縮する際には、鏡などを利用しそこの部位をしっかり見ながら行なってください。

いま自身がどこからどこに付いている筋肉を、どのように収縮しているか、などが意識できていなければその筋肉への刺激も弱まってしまいます。頑張っていきましょう!

意識しながら動作を行う場合と、何も考えずにただ熟すだけの場合と比較すると約20%も脳からの指令の割合が変化します。

 

上記の①と②交互に行なっていきます。

 

最初はゆっくりメリハリをつけて行わないと、リラックスしきれないのでお気をつけください^ ^

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

マッスルコントロールは難しいものではありますが、誰しも必ず習得出来るものなんで、ぜひ諦めずに練習をし、習得してください!

以上です!次回もお楽しみに^ ^

荒井 世弥

この記事を書いた人

荒井 世弥

私は学生時代に駅伝や筋トレで継続していくことの大切さを学びました。 「継続は力なり」は、成功する人が持っている共通の資質です。 小さなことの積み重ねは必ず結果に繋がります。 "たった一度きりの人生"です!! みなさんも是非ASPIで一歩踏み出してみてはいかがですか??

go top