夏バテの予防策

2020.09.07コンディション

こんにちは!

パーソナルジムASPIの松村です!

最近、夜も暑くなってきてクーラーや扇風機なしでは過ごしにくいですよね!

そんな中、体調を崩したりして食欲が無くなったりしてませんか?

社会人として重要な仕事の一つである体調管理は徹底していきたいですよね!

今回は夏バテの予防策について、ご紹介していきますのでよろしくお願いいたします!

 

そもそも夏バテってなんなの?

そもそも夏バテとは、医学的な用語ではありません。

高温多湿な日本の夏の暑さによる体調不良の総称を指します!

主な自覚症状として以下の2点が挙げられます。

 

❶全身のだるさと疲労感

1番の代表的な症状が全身のだるさと疲労感になります。なんとなく体がだるく、疲れが取れにくい日が続きます。

また、暑さによって睡眠不足になることも少なくありません。それによって、さらにだるさや疲労感が増すという悪循環に陥ることもあります。

 

❷食欲不振

自律神経の不調によって消化器の機能が低下します。そして、食欲不振に陥り、体に必要なエネルギーやビタミンの不足を招くことがあります。

それによって、だるさや疲労感が増したり、無気力が増幅します。

 

夏バテになってしまう原因とは?

❶室内外の温度差

猛暑の屋外から、エアコンで冷えた室内に戻るときなどの急激な温度差は体力を消耗し、夏バテの原因になります。

さらに冷房の効きすぎた部屋にいると、そのストレスから自律神経がうまく働かなくなります。

加えて、自律神経の変調が胃腸の不調や全身の倦怠感、さらには食欲不振を招き、夏バテを引き起こします。

 

❷高温多湿の環境による発汗の異常

高温多湿の環境が続くと、汗の出口周辺が詰まり、発汗が困難になることがあります。それによって、体温調節がうまくいかなくなります。

また、長時間直射日光の下にいると発汗が過剰になり、体の水分が不足気味になり、夏バテを引き起こします。

 

❸熱帯夜による睡眠不足

エアコンの室外機や都市部の住宅密集化などが原因で、夜間も温度が下がりにくい現代では、熱帯夜によって寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなって睡眠不足に陥ることがあります。

睡眠によって日中の疲労を回復することができず、疲れが溜まってしまい夏バテを引き起こします。

 

夏バテ予防策

❶栄養価の高い食品を食べる

食欲が減退しがちな夏は、量より質に重点を置いた食事をとりましょう。とくに疲労回復に効果的な玄米、豚肉、ウナギ、豆類、ねぎ、山芋などの良質なたんぱく質、高エネルギー、高ビタミンの食材をしっかりとり入れましょう。

 

❷室内での過ごし方を工夫する

室内外の温度差が5℃以上になると、自律神経が乱れやすくなります。エアコンは温度をこまめに調節しましょう。自分でエアコンの温度調節ができないところでは、エアコンの風が直接当たらないように風向きなどを調節し、上着を羽織ったり、長いパンツをはくなど工夫をして体温の調節をしましょう。

 

❸ぐっすり眠ってその日の疲れを取る

疲れを溜めないことが夏バテの一番の予防法です。なるべく早めの就寝時間を守ってぐっすりと眠り、その日の疲れをその日のうちに取り除きましょう。

寝る30分~1時間前にぬるめのお風呂につかり、暑くて寝苦しいときは頭部を氷枕で冷やすと、早めに寝付くことができるうえ、より一層深い眠りが得られます。

まとめ

夏バテで体調を崩しがちな人は多いものです。夏バテはこまめな水分補給と、軽い運動を行うことで予防できます。

また、栄養や食材に気を付けてバランスの良い食事を摂ることも重要です。

松村 健

この記事を書いた人

松村 健

go top