夏直前の熱中症対策!

2019.06.20Column

こんにちは!

パーソナルジムASPIの本間です!!

6月も終盤となってきました!みなさんは元気にお過ごしでしょうか?

私はここ最近の気温差には負けじと頑張っております!

季節の変わり目だからこそ体調にはお気をつけくださいませ!

今回は、夏直前ということもあり熱中症対策についてとなります!

 

まず熱中症の発生要因を見ていきましょう!

熱中症が引き起こる条件!

熱中症を引き起こす条件は、「環境」「からだ」「行動」によるものが考えられます。

「環境」の要因は、気温が高い、湿度が高い、風が弱いなどがあります。

「からだ」の要因は、激しい労働や運動によって体内に著しい熱が生じたり、暑い環境に体が十分に対応できないことなどがあります。その結果、熱中症を引き起こす可能性があります。

「行動」の要因は、激しい筋肉運動や慣れない運動などがあります。

人間の身体は、平常時は体温が上がっても汗や皮膚温度が上昇することで体温が外へ逃げる仕組みとなっており、体温調節が自然と行われます。

 

熱中症を引き起こす3つの要因


要因その1   環境  

 

・気温が高い ・日差しが強い ・急に暑くなった日

・風邪が強い ・エアコンの無い部屋 ・熱波の襲来

 

 


要因その2   からだ

 

・高齢者や乳幼児、肥満の方 ・下痢やインフルエンザでの脱水症状

・低栄養状態 ・二日酔いや寝不足といった体調不良・糖尿病や精神疾患といった持病

 

 

 

 


要因その3   行動  

・激しい筋肉運動や、慣れない運動

・長時間の屋外作業

・水分補給ができない状況

体温の上昇と調整機能のバランスが崩れると、どんどん身体に熱が溜まってしまいます。
このような状態が熱中症です。


熱中症を予防するにはどうしたらよいの?

・涼しい服装 ・日陰を利用 ・日傘 帽子 ・水分・塩分補給

 

 

 

・無理をせず徐々に身体を暑さに慣らしましょう
・室内でも温度を測りましょう
・体調の悪いときは特に注意しましょう

熱中症の応急処置(熱中症を疑った時に何をするべきか。)

<チュックの流れ(フロー)>

チェック1:熱中症を疑う症状がありますか?

(めまい、失神、筋肉痛、筋肉の硬直、大量の発汗、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、けいれん、手足の運動障害、高い体温など)

チェック2:呼びかけに応えますか?

セレクト:はい!orいいえ!

はい!→涼しい所へ避難し身体を冷やす!

いいえ!→救急車を呼ぶ!

チェック3:水分を自力で摂取できますか?

セレクト:はい!orいいえ!

はい!→水分・塩分を補給する!

いいえ!→医療機関へ搬送!

チェック4:症状は良くなりましたか?

セレクト:はい!orいいえ!

はい!→そのまま安静にして十分に休息を取り、回復したら帰宅しましょう!

いいえ!→医療機関へ搬送!

 

まとめ

本日は熱中症について紹介致しました!

最近の日本は非常に温度が高いですのでいつの間にか熱中症になっている可能性がございます。

ちょっとした心がけにより防ぐことが可能ですのでぜひ意識してみてください!

では、夏本番にこれから入っていきますが、体調に気をつけ夏を楽しんでいきましょう!♪

次回もお楽しみに!

go top