姿勢が変われば未来が変わる?!

2020.11.08コンディショニング

こんにちは!

パーソナルジムASPIトレーナーの荒井です!

 

みなさん、姿勢について気になったことはありませんか?

姿勢について気になるけど、何が悪くて何が良いのかを理解できていないと姿勢を正すことはできません🧐

姿勢の大切さを一緒に考えていきましょう!

 

姿勢とは👣

良い姿勢については様々な定義がありますが、姿勢とは「重力に対する身体の適応状態」のことです!

全ての動きの基本は姿勢から始まります✊

どんな姿勢で仕事をするか、どのような姿勢で日常生活を過ごすかが重要です。

 

そして地球上で過ごしていく限り重力から離れることはできません。

重力は友達👫

止まっていてもどのように動いていても常に重力下において効率の良い姿勢にすることが基本になります。

 

ちなみに俗に言う良い姿勢とは「静止時に頭部、体幹、四肢の体の各重心を統合した重心線が支持基底面の中に落ちていること」と言われています。

支持基底面とは両足で立っている時に両足の底とその間の部分を合計した面積のことです。

簡単に言うと、重心が真ん中にあればバランスが取れているということです🙋🏻‍♂️

 

重心が真ん中でバランスの取れた姿勢になる為にも、普段の生活から自分自身の癖をチェックできるよう身近にいる人に見てもらいましょう!

 

 

姿勢チェック方法🔍

チェックの仕方は三方向から姿勢を見ることです✔️

方向は正面、後面、側面の3つです。

まず靴を脱いでもらい、腕は体側(体の横)で鏡の前に立ってもらいます。

三方向に分けて見ていきましょう。

 

正面

①耳の左右の高さが床と平行かどうか

②肩の高さが床と平行かどうか

③骨盤の高さが床と平行かどうか

④膝が正面を向いていて左右の膝の中心が真ん中を通っているか。O脚やX脚などの特徴はないか。

⑤つま先の向きで左右差はないかどうか。

⑥全体を見直して体の捻じれがないかどうか。

 

後方

①耳と髪の生え際

②肩と首の位置関係

③肩甲骨が左右でずれていないかどうか

④腕と胴の間の隙間

⑤骨盤の高さが床と平行かどうか

⑥膝のしわ、ふくらはぎの膨らみ

⑦つま先の向きで左右差はないかどうか

 

側面

①耳、肩、太ももの付け根の外側、膝、足首が一直線上に並んでいるかどうか。

 

上記のように体の細部を見て確認してみてください。

多くの人の姿勢を見ることでその人がどんな生活を送っているかなども推測できてしまいます。

 

現代人に多い姿勢🤲

普段のお仕事や生活で猫背や反り腰など気になることはありませんか?

それはいつものあなたの癖がそうさせていること間違いなしです🤦‍♂️

 

現代人に多い姿勢があなたにも当てはまっていないか見ていきましょう👁

・頭が前方に突き出た姿勢で、首や肩への負担が大きくなっている。

・背骨は真っ直ぐ、もしくは過剰に反ってしまい背骨のS字ラインが失われている。

・肋骨の前側が大きく開き、ポッコリお腹が出ている。

・上記の姿勢によって呼吸の際に働く横隔膜が正常に動かず、呼吸機能が低下気味。

などが挙げられます!

 

結果として

「肩こりや腰痛」

「頭痛」

「眠れない」

「疲労が溜まりやすい」

 

といった体調不良や、

「お腹が出る」

「お尻が垂れる」

「バストダウン」

などの体のラインの悩みにも繋がります。

上記のような症状を起こさない為にも

まずは生活習慣を改善して

「夜のスマホいじりをなくす」

「休憩をしっかり取る」

「ストレッチで体を伸ばす」

「適度に運動をする」

などして定期的に姿勢を変えて身体へのストレスを減らしていきましょう☀️

姿勢が良いと前を向けるので明るい未来になること間違いなし🔥

 

本日はここまで!

次回もお楽しみに🚀

荒井 世弥

この記事を書いた人

荒井 世弥

私は学生時代に駅伝や筋トレで継続していくことの大切さを学びました。 「継続は力なり」は、成功する人が持っている共通の資質です。 小さなことの積み重ねは必ず結果に繋がります。 "たった一度きりの人生"です!! みなさんも是非ASPIで一歩踏み出してみてはいかがですか??

go top