有酸素で脂肪を燃やす

2019.09.10Info

こんにちは!
パーソナルジムASPIの西川です!

 

9月に入りましたね!

今年も2/3が過ぎてしまいました。
夏は綺麗な体を作るのが目標の方も多かったですが、
9月はスポーツの秋!新しいことにチャレンジするのもアリですね!

 

ただ大人になると『スポーツ』というよりウォーキングとかランニングなどの方が始めやすいですよね!
そしてどうせ走るなら脂肪が燃える為に走ったら一石二鳥です!

 

今回はそんな『ただ歩く・走る』でなく、『脂肪を燃やす為に歩く・走る』
そんなメカニズムをお話ししたいと思います!

 

 

『歩く』と『走る』どっちの方が痩せる?

『痩せる為に走る!』と気合を入れて走って努力する人がいます。
走るのが楽しい人は頑張り続ける事が出来ますが
痩せたい人は結果が出てこないと走ることは頑張れないですよね!

実は『走る』という行為は当然カロリーを消費しやすいのですが、
消費するカロリーの中に脂肪の割合は少ないと言われています。
さらに長く走れば走るほど足への負担は大きいので、筋肉が太く発達しやすいです。

 

逆に『歩く』という行為は『走る』より、カロリーは少ないのですが、
消費するカロリーは脂肪の割合は『走る』より多いです。
ただ走るよりも足への負担は少ないので、筋肉は太くなりにくいです。

 

結果だけ話すと、

痩せたいなら歩いた方が良い

実際ベストボディに出場する選手のほとんどは有酸素運動を歩いている選手が多いです。
大体60~90分くらいのウォーキングを定期的に行えるのがベストだと言われています!

 

 

 

 

 

正しい歩いて綺麗になろう!

痩せる為には走るよりも歩いた方が良いというのは伝わりましたか?
次の項目は『効果が出る歩き方』です!
歩いた方が結果は出ると伝えましたが、実際はただ歩くのでなく、

 

綺麗な姿勢で歩行しないと良い結果は出ません。

 

内容としては、

・顎を引き前を見る
・肩の力を抜く
・前後にスムーズに振る
・お腹を締めて軽く胸を張る
・大股で歩く
・踵から設置し、つま先で地面を蹴る
・クッション性の高いシューズを履く
・肘を軽く曲げ、腕を曲げる

 

などがあります!是非意識してみてください!
これらを意識できると綺麗な足が作られます!

 

まとめ

如何でしたでしょうか?
今回お話しした内容は、
・走るよりも歩く
・綺麗なフォームを意識する

この2点についてお話しさせて頂きました!
まだまだお話ししたい内容はたくさんありますが、ひとまずはこちらだけでも知って頂ければと思います!

今回はここまで!

次回の投稿もお楽しみに!

西川 ゆうご

この記事を書いた人

西川 ゆうご

「自分の体は一生モノ」 だからこそ大切に使い続けるためには運動は必要不可欠です! パーソナルトレーニングで 正しいトレーニングをわかりやすく伝えることができ、 自分の得意な機能改善のトレーニングとストレッチで見た目だけでなく中身まで全部理想的な体に変えていきましょう!

go top