ビーチで映える!かっこいい体を作るためのトレーニング5選!

2020.07.14レジスタンストレーニング

みなさんこんにちは!

パーソナルジムASPIの元木です!

今回はかっこいい体を作るために効率的なトレーニング種目について解説していきます!

早速結論です!

  • ベンチプレス
  • スクワット
  • デッドリフト
  • ラットプルダウン
  • オーバーヘッドプレス

 

これらは全て大筋群を使う種目であり、体のシルエットを決める重要なトレーニングです!

つまり、この5つの種目をやればかっこいい体が手に入ること間違いなし!

それぞれのやり方をみていきましょう!

ベンチプレス

  1. ベンチに仰向けになり、しっかりと体を安定させる
  2. バーベルを肩幅の1.5倍ほど外側の幅で握っていく
  3. 肩甲骨を寄せて、背中にアーチを作る
  4. ラックからバーベルを外して、ゆっくりと胸に下ろしていく
  5. 大胸筋を意識しながら、素早く持ち上げる

 

大胸筋を鍛えるTシャツをかっこよく着られる体になります!

シンプルなファッションでも体が仕上がっているとかっこよくなりますよね!

スクワット

  1. バーベルを肩の上に担ぎます。
  2. 脚を肩幅に広げ姿勢を正し、まっすぐに立ちます。
  3. お尻を後ろに引きながら太ももと床が平行になるくらいまで腰を落とします。
  4. ゆっくりと身体を元に戻します。

 

上半身が大きくても下半身が細いままだと不格好になってしまいます

下半身もしっかり鍛えてバランスのとれた体を作りましょう!

デッドリフト

  1. バーが爪先の真上に来る位置に立ちます。
  2. 肩幅よりも広めにバーベルを握ります。
  3. 背中を一直線にキープします。
  4. 息を大きく吸って、腰は反ったまま上体を起こします。
  5. 背中が丸くならないようにゆっくりバーベルを降ろします。

 

デッドリフトはあらゆる種目の中で最も重量を扱える種目です!

全身の筋力の底上げとして取り入れていきましょう!

ラットプルダウン

  1. 順手でバーを肩幅より広い手幅で握ります。
  2. 軽く胸を張って目線を斜め上にします。
  3. バーを胸に引きつけるようにゆっくりと肩甲骨を内側に動かし寄せる意識をしながらゆっくりと引きます。
  4. バーを肘が伸びきらないように意識しながら戻していきます。

 

ラットプルダウンは、背中の筋肉である広背筋を効率よく鍛えることができます!

しっかり鍛えて逆三角形の体を作りましょう!

オーバーヘッドプレス

  1. 顎の辺りを目安に、バーベルをセットして担ぎます。
  2. バーベルを頭上に持ち上げるように、肘を伸ばしていきます。
  3. 肘を伸ばしきらずに頭上でバーベルを保持します。
  4. バーベルが体の前を通るようにし、ゆっくりとバーベルを降ろしていきます。

 

逆三角形の要となるのは肩の筋肉です!

ここが鍛えられていると美しいシルエットになります!

まとめ

いかがでしたか?

今回はかっこいい体を作るために大筋群に狙いを定めて紹介しました!

太い腕を作りたい人も、これらの種目で腕の筋肉も鍛えられるので問題ありません!

体幹も鍛えられるので、ぽっこりお腹もスマートになっていきます!

シックスパックをが欲しい人は、腹筋運動も取り入れてあげるとより効果が増しますね!

本日は以上です!

またの投稿をお楽しみに!

元木 祐希

この記事を書いた人

元木 祐希

go top