カルシウムの意外な役割について!

2020.09.19コンディション

みなさまこんにちは❗️

パーソナルジムASPIの山田です💪

ここ最近は暑さも和らぎ、夜は秋の虫の鳴き音色が響く季節になってまいりましたね😊

本日は、身近な存在だけれども、意外と知らない「カルシウム」の役割について、お伝えしていきたいと思います❗️

まず、カルシウムと言われて思いつくのが、「骨や歯」の材料ではないでしょうか❓

その通りでございます❗️

でも、実はそれだけではなくて、カルシウム人間の生命活動に欠かせない栄養素だったのです❗️

 

カルシウムとは?

カルシウムは、人間の体の中で最も多いミネラルです。カルシウムは、人間の体重のうちの約1〜2%の重量を占めており、そのうちの99骨や歯に、残りの1血液中や細胞に存在します。

この血液中や細胞内の1%のカルシウムが、筋肉の収縮や、出血を止めたりと大切な役割を担っているのです!

生命活動に欠かせないカルシウムなので、普段は骨としていつでも取り出せるように貯蔵されており、血中濃度が低くなってくると、骨からカルシウムを取り出し、補っていくという流れです!

カルシウムの役割

それでは、カルシウムの役割を見ていきましょう!

  • 骨や歯の材料となる
  • 酵素の機能サポート
  • 筋肉の収縮
  • 血液凝固作用
  • 心筋の機能を正常に保つ
  • 神経の興奮を抑え、イライラを抑制

いかがでしょう?

ざっと見ただけでも、人間の生命活動に欠かせない重要な役割ばかりですよね!

カルシウムを多く含む食品

十分にカルシウムを摂取していないと、どんどん骨からカルシウムを取り出すこととなり、骨粗しょう症となる可能性がありますので、積極的に食品から摂取していく必要があります。

カルシウムは、乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルト)、魚介類、大豆製品(豆腐、納豆)、野菜(小松菜、ちんげん菜)などに多く含まれます。特に乳製品はカルシウムの吸収率が高いので、活用していきたいですね!

例えば牛乳コップ1杯飲んでいただくと、日本人の1日に必要な量の平均的な値の約1/3を摂取することができます!

カルシウムの吸収を阻害する食品

スナック菓子加工食品などに多く含まれるリンは、体内のカルシウムを排泄してしまいます。リンの過剰摂取には気をつける必要があります!

また、も過剰に摂取しすぎると、カルシウムを体外に排泄してしまうことがあります。

スナック菓子を食べる際は、牛乳などカルシウムを含む飲み物と一緒に食べるようにしましょう!

まとめ

カルシウムは、「骨や歯」の材料になるのはもちろんのこと、筋肉の収縮心肺機能維持にまで関わってくる、まさに人間の生命活動に欠かせない重要な栄養素です!

不足してしまうと、骨からカルシウムを取り出していくこととなり、骨粗しょう症へと繋がる可能性がありますので、意識的に摂取していきましょう!!

 

本日はこれで以上となります❗️

しっかりカルシウムを摂り、健康的な生活を送っておきましょう👍

それでは、次回の配信をお楽しみに😊

山田 翔太

この記事を書いた人

山田 翔太

go top