マスク荒れが筋トレで改善する!?4つの科学的根拠をご紹介

2020.11.03

皆さんこんにちは!

パーソナルジムASPIの及川です。

感染症予防のため、外出の際にマスクが手放せない今日このごろ、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

マスクの布が肌に擦れたり、マスクの中が蒸れてしまったりで肌荒れに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

かくいう私も悩んでおります(-_-;)

そんなマスク荒れの悩みは、サプリメントや化粧品を使わなくても、「筋トレ」によって改善させることが出来ます!

。。。。ほんとかよ〜( ̄ー ̄)

という方のために今回は「筋トレ」が肌のコンディションに及ぼす好影響について解説していきます!

筋トレで肌質が良くなる4つの理由

1 成長ホルモンの分泌が増える

2 血液やリンパの流れがよくなる

3 睡眠の質が向上する

4 ストレスの解消になる

それぞれについて詳しく見ていきましょう

 

1 成長ホルモンの分泌が増える

成長ホルモンは肌の「ターンオーバー」に関わっています。ターンオーバーとは、古い肌が新しい肌に入れ変わる働きのことです。

通常このターンオーバーは30日周期で繰り返されています。今ある肌は30日後、新しいきれいな肌に生まれ変わっているのですね(^o^)

このターンオーバーの周期は、加齢や生活習慣の乱れにより成長ホルモンの分泌量が減ると乱れてしまいます

結果、傷ついたり汚れたりして荒れた肌の状態が長く続くことになります。

筋トレをすると、脳の下垂体から成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーが正常に働くことで肌質が改善するわけです!

 

2 血液やリンパの流れがよくなる

血液やリンパといった体液の循環が悪い状態だと老廃物がたまり、肌荒れとして表層化します(゚A゚;)

筋肉が伸び縮みすると、筋肉を通っている血管やリンパ管にポンプ作用が働く為、体液の流れが良くなります。

その結果、老廃物が除去されていくわけですね!

3 睡眠の質が向上する

成長ホルモンの分泌や、肌のターンオーバーが最も活性化するのは「眠っている時」です。きれいな肌を手に入れるには、質の高い睡眠が必要不可欠です!

2011年にオレゴン州立大学のブラッドレー・カーディナル教授が、運動と睡眠について研究を行いました。

それによると「1週間に合計2時間半以上の運動を行うと睡眠の質が約65%改善する」ということが判明しています。日中の眠気、疲労感の改善にも効果が見られたそうなので、もう筋トレをしない手は無いですねヽ(`▽´)/

 

4 ストレスの解消になる

筋トレを行うと「自律神経」が整います。

自立神経には活動的な日中に優位になる「交感神経」と、リラックスしているときに優位になる「副交感神経」とがあり、交互に切り替わることで体を正常に働かせています。

ストレスを受けると、体を守るために交感神経が優位になり、血管が収縮し興奮状態になります。交感神経優位の状態が過剰になってしまうと、皮脂量が増え肌質が悪化します。

筋トレには「セロトニン」という幸せホルモンの分泌量を増やし、精神面を強化する働きもあるので、ストレスにも強くなることができるのです!

最後に

いかがでしたでしょうか?今回は筋トレと肌質の関係性について見ていきました。

筋トレはボディメイクや健康維持だけではなく、きれいなお肌もつくってくれるのですね(^o^)

今夜はスクワットをして、ぐっすり眠りましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

次回もお楽しみに〜♫

及川 高朗

この記事を書いた人

及川 高朗

go top