筋トレ?有酸素?どっちをやったらいいの??

2019.07.30Column

こんにちは!

パーソナルジムASPIの田野です!

7月も終わりに近づき徐々に夏らしい陽気が増えてきましたね!☀️

 

8月といえば海やプールの季節ですね!!

そんな8月のレジャーを間近に控え、トレーニングをしたい!という方も多くいらっしゃるかと思います!

 

ただ悩ましいのが、何をしたらいいのか問題ですね、、

 

皆さんは運動をする際に筋トレと有酸素運動どっちをやったら良いの?と悩んだ経験はございませんか??

本日はそんな方必見の、「筋トレと有酸素運動」について解説致します!

 

「悩む 素材 写真」の画像検索結果

 

♢運動の種類♢


 

◉筋トレ

一般的に言われる筋トレは=無酸素運動に分類されます!

 

無酸素運動とは、筋肉に対して高い負荷をかける強度の高い運動です!

 

筋トレの他にも短距離走などの短時間での強度の高い運動は無酸素運動に分類されます!

無酸素運動の1番の特徴は糖をエネルギー源とする事です!

 

「筋トレ 素材写真」の画像検索結果

 

◉有酸素運動とは

有酸素運動とはウォーキングやランニングなど軽めの強度で長時間行えるような運動の事を指します!

 

有酸素運動の最大の特徴は、運動するときのエネルギーを脂肪を燃やす事で作っている所にあります!

脂肪を燃やすためには酸素が必要なため、ダイエットには有酸素運動が良いと言わている理由になります!

「ランニング 素材写真」の画像検索結果

 

♢どっちが良いの??♢


一概にどちらが優れていて、どちらがダメという事はありません!

どっちをやったら良いかは、それぞれの目標によって変わってきます!

 

①ダイエットの場合

ダイエットの場合は一般には有酸素運動の方がいいと思われがちですが、そんな事はありません!

筋トレ(無酸素運動)と有酸素運動を組み合わせる事で効率よく健康的で、綺麗な体を手に入れる事ができます!

 

筋トレは糖をエネルギー源としているため、脂肪の燃焼はしませんが、筋トレによって筋肉が増える事により基礎代謝が上がるという効果があります!

(※基礎代謝とは何もしていない状態でも、人間が生きていくのに消費されるカロリー)

 

この基礎代謝を上げる事で、何もせずとも消費されるカロリーが増え、太りにくく痩せやすい身体を作ることができます!

 

有酸素運動は脂肪を燃焼して、運動する際のエネルギーを作っているため、みなさんお分かりの通り、減量(脂肪の減少)効果があります!🔥

 

この2つをバランスよく行うことで理想的な身体を手に入れる近道となります!

 

「ダイエット 素材」の画像検索結果

 

②筋肉をつけたい場合

痩せたい場合は上記の通り筋トレ(無酸素運動)と有酸素運動を両方やった方がいいとご紹介しましたが、筋肉をつけたい場合はどうなのでしょうか??

 

筋肉をつけて身体を大きくしたい!という場合は有酸素運動はしなくてもいいとされいてます!

逆に目標の度合いによっては有酸素運動をやってしまうと逆効果になりかねないとも言われています!

 

筋肉をつけるという事はタンパク質を合成する必要があるのですが、長時間の有酸素運動にはこれを妨げ、逆に分解する作用もあるため、筋トレと長時間の有酸素運動を同じ日にやるのは避けた方がいいでしょう!

 

ただ、絞りつつトレーニングしたいといった場合など状況によっては有酸素運動を用いるのが有効だったりもするので、目標に対して適したメニューを行なっていきましょう!

「筋トレ 素材写真」の画像検索結果

 

♢まとめ♢


いかがでしたか??

 

これで筋トレと有酸素運動どっちをやったらいいかの悩みは解決ですね!

それぞれの効果を正しく理解して理想の身体を手に入れましょう💪🔥

 

go top