日常生活が劇的にかわる! 疲れが飛ぶストレッチ✨

2021.09.16コンディショニング

こんにちは!パーソナルジムASPIの中塩です😊🤚🏻

今日のテーマはこちら💁🏻‍♀️

オフィスでもできる「チェア・ストレッチ✨」

 

今日は、悩むあなたに向けて、とっておきのストレッチをご紹介します!

ストレッチで柔軟性を身につけると、さまざまなメリットがあります🌈

その一つに、美しい姿勢や、歩き方を手に入れることができます✨

 

⚠️体が硬くなるこんな人は要注意⚠️

 

背中のストレッチ

1日デスクワークを6時間以上する

そんなあなたにはこのストレッチが必要なんです!

背中には脊柱起立筋、腰方形筋、広背筋など、たくさんの筋群が密集しているわけですが、座っているままだと、背中が凝り固まってしまいます。

時々、体を回して捻ることによって、かたくなった背中を労りましょう😮‍💨→😄✨

やり方は簡単です。

①体を捻って、反対の腕を回している方向に持っていき、椅子の背を持ちます。

②30秒以上、深い呼吸を意識しながらイタ気持ちいいところでじっとします。

肩のストレッチ

最近、家族や友達に猫背と言われる

腕を前に持っていく作業ばかりしていると、背中は硬くなって動きにくくになります。

ですので、反対の動きをしてみましょう。

やり方は簡単です。

①手のひらを下にして、後ろの背もたれに持っていきます。

②そのまま椅子の背に手を置き、肩甲骨は寄せます。

③首と肩の力を抜き、30秒は、じっとします。

 

ふくらはぎのストレッチ

ふくらはぎがパンパンになっちゃう

足を動かさないまま放置していると、血液が足にたまり、むくみの原因になります⚠️

それには、足首を伸ばしたり曲げたりするストレッチが有効です。

やり方は簡単です。

①爪先を上に向け、ふくらはぎをのばします。

②30秒以上、足首を伸ばしたり曲げたりするだけ。

 

ご紹介したストレッチの3つのポイント

①基本30秒以上かけて伸ばすこと

②痛気持ちいいところで止めます☝🏻
痛いほどストレスをかけてしまうと、筋肉が防衛反応を起こし、縮んでしまうのでかえって硬くなってしまいます⚠️

③深い呼吸を意識しましょう🌟
ゆっくりと深い呼吸は、副交感神経を優位にし、緊張を和らげる効果があるからです!

 

ストレッチの代表的なメリット3点

第一!血行が促進され、疲労回復を早める✨

第二!筋肉の緊張緩和、さらに副交感神経が優位になり、リラックス効果が得られる🌟

第三!関節可動域が改善され、怪我のリスクが減る✨

いかがでしたでしょうか?

ここまで、お読みいただきまして、誠にありがとうございます。

セッションでは、柔軟性トレーニングや開脚トレーニングも詳しくご指導しております。

何かご質問がおありでしたら、お気軽にお聞ききください💪🏻

中塩 敦子

この記事を書いた人

中塩 敦子

go top