筋トレやダイエットにおすすめの「オートミール」について

2020.05.08bodymake

皆さんこんにちは!

 

パーソナルジムASPIの内藤です。

 

皆さんは、「オートミール」という食材を食べたことがあるでしょうか?

 

オートミールは栄養価が高くダイエットをしたい人や筋肉を付けたい人におすすめの食材です。

 

今回は、海外セレブやトレーニーの間で人気の「オートミール」について、栄養価や、おすすめの食べ方についてご紹介します。

 

オートミールとは?

オートミールとは、燕麦(えんばく)を脱穀して平たく押しつぶし、シリアルにした加工食品です。

燕麦はオーツ麦とも呼ばれますが、これにナッツやドライフルーツを加えたものを「ミューズリー」、メープルシロップやナッツを加えてオーブンで焼き上げたものを「グラノーラ」と呼びます。

グラノーラは皆さんもよくご存知かと思いますが、オートミールはグラノーラに比べてヘルシーですので、よりダイエットやトレーニングをしている人向けと言えます。

 

オートミールの栄養

オートミール100gあたりの栄養価は以下の通りです。

・糖質(59.7グラム)
・食物繊維(9グラム)
・たんぱく質(3.7グラム)

100gあたりなので糖質が多いように見えますが、お水などでふやかしたり煮たりして食べるため、1食分では約30〜50g程度になり、白米などと比べて糖質は少なく置き換えにも適していると言えるでしょう。

オートミールには、ビオチン・ビタミンB群・ビタミンE・パントテン酸・葉酸・マグネシウム・リン・鉄・亜鉛・銅・モリブデン・セレンなどの栄養素が含まれ、食物繊維が豊富です。

特筆すべきはその食物繊維で、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれているため、お通じ改善にも効果的とされています。

 

おすすめオートミール活用法

さて、オートミールが身体に良さそうだということはおわかりいただけたかと思います。

欧米諸国ではその栄養価の高さから朝ごはんの定番として親しまれていますが、日本ではそこまで馴染みのない食材です。

オートミールはヨーグルトにかけたり、牛乳で似たり、お茶漬けにしたりと、たくさんの活用法があります。

今回はその中でも特に簡単&おすすめの「オーバーナイトオーツ」の作り方をご紹介いたします。

 

材料(2食分)

■オートミール・・・100g

■プロテイン・・・60g

■バナナ・・・1本

■アーモンドミルク・・・適量

■ナッツ・・・適量

■チアシード・・・大さじ2

 

作り方

①プラスチックの蓋付き密閉容器にオートミールを入れる。

②アーモンドミルクをオートミールがひたひたに浸かるくらいまで入れる。

※チアシードはあらかじめ10倍の量のアーモンドミルクに1晩浸けておくとしっかり給水してプチプチになります。

③プロテインも入れる。

④その他すべての材料を入れて混ぜ合わせる。

⑤密閉容器の蓋を締め、朝まで冷蔵庫に入れて寝かせ、翌朝になればできあがり!

お好みでギリシャヨーグルト、フルーツやシナモン、はちみつなどをかけて食べるととっても美味しいです。

※ダイエット目的の方は、はちみつやフルーツを入れすぎないように注意してくださいね。

 

まとめ

本日は以上です!

 

オートミールに興味を持っていただけましたでしょうか?

ご紹介したレシピは私が実際に家で実践しているもので、気分によってアーモンドミルクを豆乳にしてみたり、プロテインの味や分量を変えてみたり、トッピングを工夫してみたりと楽しみながら作っています。

 

朝食にぴったりなので、ぜひ試してみてください!

 

一点注意していただきたいのは、ダイエットやボディメイクにおいて、「この食材だけ食べていれば良い」というものはありません。

オートミールが良いと聞いたのでオートミールばかり食べている、という様にはならないように、バランス良く、様々な食材から栄養を摂取してくださいね。

 

それでは次回もお楽しみに♪

 

内藤 玲奈

この記事を書いた人

内藤 玲奈

go top