あなたもトトノウ?~サウナのススメ~

2020.07.28コンディション

こんにちは!

パーソナルジムASPIの♨サウナー♨佐藤です!

ドラマ「サ道」を観てからその魅力にドハマりし、休みの日には必ず銭湯に行き、サウナを愛でております!笑

なぜハマっているかと言うと、身体へのメリットが多く、そして奥が深いからです👀✨

そんな私が今回、サウナの効果や「トトノウ」って所謂どんな状態の事を言うのか?をご紹介していきます!

ロウリュのイラスト(サウナ) | かわいいフリー素材集 いらすとや

●サウナの効果●

血行促進

身体が高温にさらされると血管が拡張され、血行が良くなります。

同時に心拍数も上昇するので血液循環が活発になるのです。血行が促進されると身体に様々なメリットがあります。

 

①肩こり・腰痛改善

現代を生きる私たちのお悩みと言えばそう、肩こりと腰痛ですよね。

これらは筋肉の血行不良によって悪化していきます。つまり裏を返せば、血行がよくなれば筋肉に血液が行き渡り、痛みが解消されるというわけです。

②むくみ改善

むくみの主な原因は、リンパの流れが滞ってしまっている状態の事です。

サウナは血行だけでなくリンパの流れも活性化するため、顔や脚のむくみが解消されます。

③冷え性改善

サウナはただ身体の表面だけを温めるだけではありません。血行を促進し身体の芯から温まります。さらに、手足など末端の血管が拡張されることでサウナから出た後も保温効果があります。

④疲労回復・リラックス

血行が良くなると、所謂幸せホルモンである「セロトニン」が分泌されます。これはリラックス効果を高めるため、情緒安定や安眠などにも有力と言われています。

私は一番にこの効果を求めにサウナに行っております笑

美肌効果

サウナの発汗作用はすさまじいものがあります。汗をかくことで、吹き出物や肌荒れの原因となる老廃物を流すことができます。

ヒートショックプロテイン増加

サウナに入ると、細胞のタンパク質が熱で壊れます。そしてその代わりに「ヒートショックプロテイン」というタンパク質が生成されるのです。

①免疫力アップ

ヒートショックプロテインは細胞の再生を活性化し、壊れた細胞の再構築を担います。すると細胞が新しくアップデートされ、免疫力が向上するのです。

②褐色脂肪細胞の活性化

さらにヒートショックプロテインには「褐色脂肪細胞」という細胞を体内に増やしてくれる効果もあります。

ダイエット効果

お伝えしなくてはならないことは、サウナには直接的なダイエット効果はありません

確かに、サウナ後は一時的に体重が落ちます。しかしこれは体内の水分が汗で流れ、軽い脱水状態になっているからにすぎません。

そのため水を飲めば体重は元に戻ってしまいます。

ですが、細胞レベルで「痩せやすい」身体を作ることは可能です。それが、上記の褐色脂肪細胞なのです。これは体内の脂肪を燃焼する働きがあります。つまり褐色脂肪細胞が増えれば、痩せやすい身体になれるということです。


●サウナでトトノウとは?●

サウナ愛好家、通称「サウナー」たちは、サウナで得られる最高の快感を「ととのった」と表現します。なんでも、一度この快感を味わってしまうともう元には戻れません。笑

「トトノウ」とは

サウナの科学】「サウナ→水風呂→外気浴」を3~4セットで最強効果を ...

上記の図のように、 サウナ→水風呂→外気浴 このルーティーンを繰り返す事で得られる快感のような感覚です。

メカニズムを簡潔に言えば「ディープリラックス」と「トランス」の状態です。

トランスと聞くと少しギョッとしますが、血流が身体中を駆け巡り、脳に酸素が行きわたった感覚なんだそうです。

メカニズム

「トトノウ」メカニズムは脳内ホルモンにあります!

サウナに入って温熱刺激を受けると、脳内ホルモンであるβ-エンドルフィンやオキシトシン、神経伝達物質のセロトニンが分泌されます。これらの効能は以下の通りです。

・β-エンドルフィン:鎮痛作用や不安軽減作用
・オキシトシン:ストレス緩和、幸せな気分をもたらす
・セロトニン:鬱状態を改善、精神を安定させる

つまり、サウナの刺激が幸せホルモン分泌を促しているというわけなんですね。

なぜ、エグゼクティブはサウナにハマってしまうのか? ~ととのえ親方の ...

如何でしたでしょうか?

サウナはおじさん臭いというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、最近では若者にも人気でちょっとしたオシャレ化も進んでいて、綺麗で清潔感のある女性専用サウナなんかも作られております!

 

身体にメリットだらけのサウナを、皆さんも愛でてみませんか?笑

そして一緒にトトノイましょう!♨

本日も有難う御座いました!😊✨

佐藤 一輝

この記事を書いた人

佐藤 一輝

go top