パワーナップ〜仮眠〜

2020.08.22コンディション

みなさんこんにちは!

パーソナルジムASPIの玉村です!

世界的に見ても睡眠時間が短いとされる日本人。

お仕事以外にも、ネットコンテンツが充実していてついつい

夜更かししてしまって日中に眠気が・・・なんてことはありませんか?

そのせいで、頼まれた仕事を忘れてしまったりミスしてしまったら大変です(笑)

今回は、最近注目されている「パワーナップ」と呼ばれる仮眠法をご紹介します😊

お仕事の合間などに取り入れてみてください❗️

パワーナップとは??

パワーナップとは、アメリカの大学の社会心理学者が提唱した仮眠法でAppleやGoogle

など一流企業でも導入されて注目を浴びています👍

皆さんは、昼食後に眠気を感じたことはありませんか?

これは、アフタヌーンディップと言われる現象です。

人間と遺伝子構造の近いサルは、昼寝の時間が長いとされその名残ではないかと

言われています。

パワーナップはその現象を踏まえた上で考案された方法になります❗️

パワーナップの方法

それでは実際にどうやるのかを、お伝えしていきます😊

①12時から3時までに行う

午後3時以降にパワーナップを行うと、夜の就寝に影響が出やすくなるので気をつけましょう👍

夜眠れなかったら元も子もないですね💨

②1回20〜30分に収める

眠気を感じると、たくさん寝たいなーと思う気持ちはよくわかります(笑)

しかし、長時間の仮眠は睡眠慣性(※)というものが働いてしまいます。

また、短時間の方が認知症のリスクなどが下がることが報告されています。

ですのでパワーナップは、アラームを設定するなどして短時間に収めましょう。

※睡眠慣性:起床後、頭がぼーっとして働かなくなること。

③カフェインを摂取してから行う

カフェインには言わずと知れた脳興奮させる「覚醒作用」があります☕️

摂取してから吸収されるまでに約30分かかると言われているので

パワーナップ前にコーヒーなどを飲むと、すっきり目覚められると思います❗️

コーヒーが苦手な方はお茶などでも構いません😊

その際は、アイスよりホットで飲みましょう^ ^

④横にならずに座って行う

職場などに仮眠スペースの様な横になれる環境がある方もいるかもしれませんが、横になると

深い睡眠になってしまう可能性があり、先ほどの睡眠慣性が働いてしまう恐れがあるので

椅子に座ってデスクに伏せたり、リクライニングを少し倒した状態で行うのが良いでしょう🎵

最後に

いかがでしたでしょうか?

夜にしっかり睡眠を取るのが理想ですが、なかなか難しい方も多いと思います。

そのような方は、ぜひパワーナップを試してみてください💤

最近の研究では、目を瞑って安静にしているだけで睡眠の80%程度の効果があるとも言われています❗️

会社のみならず、高校などでも昼休みに導入しているところがある様です✨

ですので、まずは「20分間、目を瞑ってリラックスする」ことから初めてみましょう😊

それではまた次回もお楽しみに^ – ^

go top