太もも引き締めにはコレ!!

2020.03.16bodymake

こんにちは!パーソナルジムASPIの岡田です!🍊🍊✨

 

三寒四温続く季節ですが、コロナの影響もあり家にこもりっぱなしの方もいるのではないでしょうか?

夏に向けて運動したいよ〜!!と言う方も近所のジムが閉まっていてはトレーニングできませんね(´;ω;`)

 

なのでせっかくなのでお家トレーニングを1つ紹介したいと思います!

本日、フォーカスさせて頂く筋肉はズバリ「ハムストリング」です!

 

「ハムストリングとは?」

 

聞いたことはあるよ!と言う方、多いと思います。

ハムストリングとはハムストリングスとも呼ばれる「もも裏」の筋肉の総称。

ハムストリングとは「もも肉のひも」という意味がある。

これはハムを作るときに豚などのもも肉をぶらさげるために、これらの筋の腱が使われたことに由来しています。

 

 

この筋肉は主に歩いたり走ったりするときに使う筋肉で、ももの前である

大腿四頭筋と共に働きます。

 

しかし、よく聞くお悩みにこんなものがあります

 

「もも前に筋肉がついて落ちない!!💥」

 

ももの前の筋肉が発達して太くなってしまっているのです😭

自己流のトレーニングをしている方には特にみられるものですね!💥

男性は良いかもしれませんが、女性なら誰しも細くスラッとした脚に憧れますよね✨🥺

 

太くなったもも前は、そんな女性の天敵です!!

 

なぜ、もも前ばかり太くなるの??

 

 

太くなる理由には様々な要因があるのですが、その1つに大きくなりやすい筋肉と

そうでない筋肉がある事が挙げられます。

筋肉には

「白色」の「速筋」と呼ばれる力の強い筋肉と

「赤色」の「遅筋」と呼ばれる力は弱いが持久力のある筋肉

この二種類が存在します!!

 

それぞれの筋肉の中でもこの二種類の筋肉の割合があり、

「速筋」と呼ばれるものは筋トレをすると筋肥大、すなわち大きくなりやすいです!💡✨

逆に「遅筋」と呼ばれるものは筋トレしてもあまり大きくならず引き締まりやすいです!😆

 

速筋と遅筋の割合が違う

 

もも前の筋肉で一番前にある「大腿直筋」はこの速筋、遅筋の割合が

速筋61.9%  遅筋38.1%

となっています。圧倒的に速筋が多いですね!!

 

それに対して、もも裏のメインの筋肉である「大腿二頭筋」は

速筋33.1%  遅筋66.9%

 

と言う割合になっています!このことからのもも前は、そんなに頑張って鍛えなくても

太くなりやすい!!

それに対してもも裏は鍛えても大きくなりにくい!

となっているわけです!👀

 

シュッとした脚になるにはもも裏トレーニング!

 

と、言うわけでそんなシュッとした脚になるために自宅で出来るエクササイズ

その名も「スパインレッグカール」✨

必要なものはバランスボールのみです!!😆

 

【手順】

① 仰向けに寝転び足をボールに乗せます

② お尻を上げ、そのまま膝も曲げてボールを自分の方に引き寄せます

③ ゆっくり戻してまた繰り返し

 

と、いう一見すると簡単そうですがこれが中々キツイです笑

しかし、キツイだけあって効果も抜群です!!🔥🔥🔥

是非、動画も載せておくのでこれをみながら自宅で頑張ってみてください!

脚やせして美しい太ももを目指しましょう!😆

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

中々外出できない日が続きますが、自宅トレーニングでも意外としっかり運動が出来たりします!!

せっかくなのでこの機会に自宅トレーニングの習慣をつけてみませんか?😆

 

本日は以上になります!良き一週間をお過ごしください🍊✨

岡田 孝啓

この記事を書いた人

岡田 孝啓

go top